新しいレシピ

チックフィレイ-フランチャイジーがサクラメントレストランで労働者の賃金を1時間あたり18ドルに引き上げる

チックフィレイ-フランチャイジーがサクラメントレストランで労働者の賃金を1時間あたり18ドルに引き上げる


サクラメントのチックフィレイの労働者は現金を出している

ivanastar / istockphoto

チックフィレイのマネージャーは、従業員に17ドルから18ドルを提供しています。

カリフォルニア州サクラメントにあるChick-fil-Aレストランのオーナーは、従業員に大幅な昇給を行っています。イリノイ州のニュースステーションによると、6月4日から、エリックメイソンは「ホスピタリティプロフェッショナル」と呼ばれる従業員に、現在の12.50ドルから13ドルではなく、1時間あたり17ドルから18ドルを支払う予定です。

これらの新しい賃金が影響しているため、週40時間の労働者は、毎年およそ35,000ドルから37,000ドルの現金を手に入れることになります。カリフォルニアの最低賃金は1時間あたり11ドルで、全国平均を上回っていますが、メイソンは労働者に住みやすい賃金を提供したいと考えています。労働者の多くは家族を育てようとしています。

「私たちは家族を育て、彼らのライフスタイルを改善しようとしている人々を探しています」とファーストフードの所有者は地元のABC系列局に語った。そして、昇給はほんの始まりに過ぎません。すべての従業員は有給の病気休暇も取得し、上司は有給の休暇を取得します。

CNNMoneyは、メイソンのマーケティングマネージャーであるマレナワイズマンが、フロントとバックの両方のポジションで新しいレートで35〜45人を採用すると報告しています。応募を検討している地域の誰もがこのウェブサイトから応募できますが、チックフィレイは素晴らしいカスタマーサービスに誇りを持っていることを考えると、次の資格を念頭に置いてください。 「そして「一生懸命働き、高水準を提供することは簡単で楽に見えるようにし、他の人も同様に効率的で楽になることを可能にします。」

あなたが仕事の市場にいて、いつも耳を傾けて笑っているなら、チックフィレイでのホスピタリティの職業はあなたにとって正しい仕事かもしれません。おそらく、これらの15種類の朝食用食品のいずれかが、面接のエースに役立つ可能性があります。


このチックフィレイの所有者が賃金を1時間あたり17ドルに引き上げている理由

ファーストフードの仕事は国内で最も低い賃金のいくつかを支払い、労働者がより良いオファーを得た場合に固執する理由をほとんど与えず、彼らを置き換える人々を見つける必要がある雇用者に費用がかかることを証明します。

カリフォルニアでは、あるチックフィレイのフランチャイジーが、サイクルを壊そうとしていると言います。

過去3年間、サクラメント空港近くの高速道路でチックフィレイを所有していたエリック・メイソンは、来週、「ホスピタリティの専門家」を1時間あたり17ドルから、12ドルから13ドルまで採用し始めると述べています。彼が今支払う時間。

「私たちが生活賃金に行くとき、私たちは家族を育て、彼らのライフスタイルを改善しようとしている人々を探しています」と彼は5月26日にABC10ニュースに語った。.「たぶん、彼らはたった1つの仕事をすることができ、それは持続可能です。それがビジネスにもたらすことは、一貫性、つまりゲストとの関係を持つ誰かを提供することです。それは長期的な文化を構築するでしょう。」

メイソンのマーケティングマネージャーであるマレナワイズマンは、フランチャイズが家の前と後ろの両方で働くために、新しいレートで35〜45人を雇用すること、そして現在のすべての従業員がそのポジションに応募することを奨励されることをCNNMoneyに確認しました。

労働統計局によると、サクラメント地域のファーストフード料理人は、1時間あたり平均11.42ドルで、全国レベルよりも約1ドル高くなっています。

カリフォルニアの最低賃金は現在1時間あたり11ドルで、2022年までに15ドルまで着実に上昇しますが、メイソンの5ドルの急上昇は珍しいものです。

「すべての責任ある雇用主は、最低賃金の引き上げの影響に備えていますが、通常は時間をかけて計画を立てています」と、カリフォルニア雇用者協会の調査および報酬サービスの責任者であるキャリー・クロスターマンは述べています。

理由の1つ:最低賃金を少しだけ上回っている従業員でさえ、昇給を期待する傾向があります。したがって、雇用主が賃金を上げるのが速すぎると、高額になる可能性があります。

「ファーストフード店でこのレベルまで賃金を上げることは称賛に値するが、多くの企業が彼らの足跡をたどる可能性が高いとは思わない」とクロスターマン氏は言う。

このような大幅な賃金の引き上げは、フランチャイズ業界でも特にまれです。フランチャイズ業界では、本社が高額のロイヤルティを請求し、価格やプロモーションなど、業務の多くの側面を管理していることがよくあります。そのため、賃金などの固定費が高い地域のフランチャイジーの生活は困難になる可能性があります。

「労働力が国内の他の地域よりもはるかに高い地域にいる場合は、水中にいる可能性があります」と、カリフォルニア州サンラファエルに拠点を置くフランチャイジーの弁護士であるピーターラガリアス氏は言います。 「この種の圧力がすべて高まると、フランチャイジーが傷ついていることが理解できます。」

ラガリアスは、カリフォルニアでは比較的新しいチックフィレイのフランチャイズ契約を見ていません。そのため、所有者と運営者がより高い価格を請求することによって増加した人件費を転嫁できるかどうかは明らかではありません。 Chick-fil-Aは、各所有者が1店舗につき1店舗に制限されているという点で珍しく、日常業務により深く関わっています。

Chick-fil-Aの本社の広報担当者は、地元の事業者が独自の採用と賃金の決定を行うと述べただけです。

ただし、メイソンの戦略は長期的には成果を上げる可能性があります。

調査によると、賃金を上げることで離職率を下げることができ、レストラン業界では年間100%にもなる可能性があります。労働者が去るたびに、彼らは他の誰かでシフトを埋めなければならないので、それはレストランの所有者のお金がかかります。

メイソンはまた、多くの低賃金労働者が生き残るために一度に複数の仕事を抑えなければならないこと、そして生活賃金でのフルタイムの仕事は多くの人が維持しようと努力することであると指摘するのは正しいです。

「人々が低賃金の仕事を辞める理由は、彼らが少しだけ良いものを見つけようとしているからです」とカリフォルニア大学バークレー校の労働経済学者シルビア・アレグレットは言います。

1時間あたり17ドルで、メイソンの「ホスピタリティプロフェッショナル」のポジションは、実質的に売上高の影響を受けない可能性があります。

「あなたはその仕事を得るために非常に一生懸命努力するでしょう、そしてあなたは非常に優秀で勤勉な生産的な労働者になるでしょう」とアレグレットは言います。 「あなたがその仕事を失った場合、あなたの次の仕事は最低賃金の近くに戻るでしょう。」

これにより、メイソンの店舗は急速に求職者の市場になりつつある市場で成功する可能性があります。サクラメントの失業率は、現在3.9%である全国平均を追跡しています。これは2000年以来の最低のレートであり、2018年まで低下し続けると予想されます。

17ドルの賃金はまた、メイソンが彼が雇う人々にうるさいことを可能にするでしょう、そして仕事の説明によれば、それらの期待は高いです。

成功した応募者は、「笑顔で人とつながり、アイコンタクトを取り、熱心に話すことを愛する必要があります」、「一生懸命働き、高水準を提供することを簡単かつ楽に見せ、他の人も効率的かつ楽にできるようにする」と述べています。


このチックフィレイの所有者が賃金を1時間あたり17ドルに引き上げている理由

ファーストフードの仕事は国内で最も低い賃金のいくつかを支払い、労働者がより良いオファーを得た場合に固執する理由をほとんど与えず、彼らを置き換える人々を見つける必要がある雇用者に費用がかかることを証明します。

カリフォルニアでは、あるチックフィレイのフランチャイジーが、サイクルを壊そうとしていると言います。

過去3年間、サクラメント空港近くの高速道路でチックフィレイを所有していたエリックメイソンは、来週、「ホスピタリティの専門家」を1時間あたり17ドルから、12ドルから13ドルに引き上げると述べています。彼が今支払う時間。

「私たちが生活賃金に行くとき、私たちは家族を育て、彼らのライフスタイルを改善しようとしている人々を探しています」と彼は5月26日にABC10ニュースに語った。.「たぶん、彼らはたった1つの仕事をすることができ、それは持続可能です。それがビジネスにもたらすことは、一貫性、つまりゲストとの関係を持つ誰かを提供することです。それは長期的な文化を構築するでしょう。」

メイソンのマーケティングマネージャーであるマレナワイズマンは、フランチャイズが家の前と後ろの両方で働くために、新しいレートで35〜45人を雇用すること、そして現在のすべての従業員がそのポジションに応募することを奨励されることをCNNMoneyに確認しました。

労働統計局によると、サクラメント地域のファーストフード料理人は、1時間あたり平均11.42ドルで、全国レベルよりも約1ドル高くなっています。

カリフォルニアの最低賃金は現在1時間あたり11ドルで、2022年までに15ドルまで着実に上昇しますが、メイソンの5ドルの急上昇は珍しいものです。

「すべての責任ある雇用主は、最低賃金の引き上げの影響に備えていますが、通常は時間をかけて計画を立てています」と、カリフォルニア雇用者協会の調査および報酬サービスの責任者であるキャリー・クロスターマンは述べています。

理由の1つ:最低賃金を少しだけ上回っている従業員でさえ、昇給を期待する傾向があります。したがって、雇用主が賃金を上げるのが速すぎると、高額になる可能性があります。

「ファーストフード店でこのレベルまで賃金を上げることは称賛に値するが、多くの企業が彼らの足跡をたどる可能性が高いとは思わない」とクロスターマン氏は言う。

このような大幅な賃金の引き上げは、フランチャイズ業界でも特にまれです。フランチャイズ業界では、本社が高額のロイヤルティを請求し、価格やプロモーションなど、業務の多くの側面を管理していることがよくあります。そのため、賃金などの固定費が高い地域のフランチャイジーの生活は困難になる可能性があります。

「労働力が国内の他の地域よりもはるかに高い地域にいる場合は、水中にいる可能性があります」と、カリフォルニア州サンラファエルに拠点を置くフランチャイジーの弁護士であるピーターラガリアス氏は言います。 「この種の圧力がすべて高まると、フランチャイジーが傷ついていることが理解できます。」

ラガリアスは、カリフォルニアでは比較的新しいチックフィレイのフランチャイズ契約を見ていません。そのため、所有者と運営者がより高い価格を請求することによって増加した人件費を転嫁できるかどうかは明らかではありません。 Chick-fil-Aは、各所有者が1店舗につき1店舗に制限されているという点で珍しく、日常業務により深く関わっています。

Chick-fil-Aの本社の広報担当者は、地元の事業者が独自の採用と賃金の決定を行うと述べただけです。

ただし、メイソンの戦略は長期的には成果を上げる可能性があります。

調査によると、賃金を上げることで離職率を下げることができ、レストラン業界では年間100%にもなる可能性があります。労働者が去るたびに、彼らは他の誰かでシフトを埋めなければならないので、それはレストランの所有者のお金がかかります。

メイソンはまた、多くの低賃金労働者が生き残るために一度に複数の仕事を抑えなければならないこと、そして生活賃金でのフルタイムの仕事は多くの人が維持しようと努力することであると指摘するのは正しいです。

「人々が低賃金の仕事を辞める理由は、彼らが少しだけ良いものを見つけようとしているからです」とカリフォルニア大学バークレー校の労働経済学者シルビア・アレグレットは言います。

1時間あたり17ドルで、メイソンの「ホスピタリティプロフェッショナル」のポジションは、実質的に売上高の影響を受けない可能性があります。

「あなたはその仕事を得るために非常に一生懸命努力するでしょう、そしてあなたは非常に優秀で勤勉な生産的な労働者になるでしょう」とアレグレットは言います。 「あなたがその仕事を失った場合、あなたの次の仕事は最低賃金の近くに戻るでしょう。」

これにより、メイソンの店舗は急速に求職者の市場になりつつある市場で成功する可能性があります。サクラメントの失業率は、現在3.9%である全国平均を追跡しています。これは2000年以来の最低のレートであり、2018年まで低下し続けると予想されます。

17ドルの賃金はまた、メイソンが彼が雇う人々にうるさいことを可能にするでしょう、そして仕事の説明によれば、それらの期待は高いです。

成功した応募者は、「笑顔で人とつながること、アイコンタクトをすること、熱心に話すことを愛する必要があります」、「一生懸命働き、高水準を提供することを簡単かつ楽に見せ、他の人も効率的かつ楽にできるようにする」と述べています。


このチックフィレイの所有者が賃金を1時間あたり17ドルに引き上げている理由

ファーストフードの仕事は国内で最も低い賃金のいくつかを支払い、労働者がより良いオファーを得た場合に固執する理由をほとんど与えず、彼らを置き換える人々を見つける必要がある雇用者に費用がかかることを証明します。

カリフォルニアでは、あるチックフィレイのフランチャイジーが、サイクルを壊そうとしていると言います。

過去3年間、サクラメント空港近くの高速道路でチックフィレイを所有していたエリックメイソンは、来週、「ホスピタリティの専門家」を1時間あたり17ドルから、12ドルから13ドルに引き上げると述べています。彼が今支払う時間。

「私たちが生活賃金に行くとき、私たちは家族を育て、彼らのライフスタイルを改善しようとしている人々を探しています」と彼は5月26日にABC10ニュースに語った。.「たぶん、彼らはたった1つの仕事をすることができ、それは持続可能です。それがビジネスにもたらすことは、一貫性、つまりゲストとの関係を持つ誰かを提供することです。それは長期的な文化を構築するでしょう。」

メイソンのマーケティングマネージャーであるマレナワイズマンは、フランチャイズが家の前と後ろの両方で働くために、新しいレートで35〜45人を雇用すること、そして現在のすべての従業員がそのポジションに応募することを奨励されることをCNNMoneyに確認しました。

労働統計局によると、サクラメント地域のファーストフード料理人は、1時間あたり平均11.42ドルで、全国レベルよりも約1ドル高くなっています。

カリフォルニアの最低賃金は現在1時間あたり11ドルで、2022年までに15ドルまで着実に上昇しますが、メイソンの5ドルの急上昇は珍しいものです。

「すべての責任ある雇用主は、最低賃金の引き上げの影響に備えていますが、通常は時間をかけて計画を立てています」と、カリフォルニア雇用者協会の調査および報酬サービスの責任者であるキャリー・クロスターマンは述べています。

理由の1つ:最低賃金を少しだけ上回っている従業員でさえ、昇給を期待する傾向があります。したがって、雇用主が賃金を上げるのが速すぎると、高額になる可能性があります。

「ファーストフード店でこのレベルまで賃金を上げることは称賛に値するが、多くの企業が彼らの足跡をたどる可能性が高いとは思わない」とクロスターマン氏は言う。

このような大幅な賃金の引き上げは、フランチャイズ業界でも特にまれです。フランチャイズ業界では、本社が高額のロイヤルティを請求し、価格やプロモーションなど、業務の多くの側面を管理していることがよくあります。そのため、賃金などの固定費が高い地域のフランチャイジーの生活は困難になる可能性があります。

「労働力が国内の他の地域よりもはるかに高い地域にいる場合は、水中にいる可能性があります」と、カリフォルニア州サンラファエルに拠点を置くフランチャイジーの弁護士であるピーターラガリアス氏は言います。 「この種の圧力がすべて高まると、フランチャイジーが傷ついていることが理解できます。」

ラガリアスは、カリフォルニアでは比較的新しいチックフィレイのフランチャイズ契約を見ていません。そのため、所有者と運営者がより高い価格を請求することによって増加した人件費を転嫁できるかどうかは明らかではありません。 Chick-fil-Aは、各所有者が1店舗につき1店舗に制限されているという点で珍しく、日常業務により深く関わっています。

Chick-fil-Aの本社の広報担当者は、地元の事業者が独自の採用と賃金の決定を行うと述べただけです。

ただし、メイソンの戦略は長期的には成果を上げる可能性があります。

調査によると、賃金を上げることで離職率を下げることができ、レストラン業界では年間100%にもなる可能性があります。労働者が去るたびに、彼らは他の誰かでシフトを埋めなければならないので、それはレストランの所有者のお金がかかります。

メイソンはまた、多くの低賃金労働者が生き残るために一度に複数の仕事を抑えなければならないこと、そして生活賃金でのフルタイムの仕事は多くの人が維持しようと努力することであると指摘するのは正しいです。

「人々が低賃金の仕事を辞める理由は、彼らが少しだけ良いものを見つけようとしているからです」とカリフォルニア大学バークレー校の労働経済学者シルビア・アレグレットは言います。

1時間あたり17ドルで、メイソンの「ホスピタリティプロフェッショナル」のポジションは、実質的に売上高の影響を受けない可能性があります。

「あなたはその仕事を得るために非常に一生懸命努力するでしょう、そしてあなたは非常に優秀で勤勉な生産的な労働者になるでしょう」とアレグレットは言います。 「あなたがその仕事を失った場合、あなたの次の仕事は最低賃金の近くに戻るでしょう。」

これにより、メイソンの店舗は急速に求職者の市場になりつつある市場で成功する可能性があります。サクラメントの失業率は、現在3.9%である全国平均を追跡しています。これは2000年以来の最低のレートであり、2018年まで低下し続けると予想されます。

17ドルの賃金はまた、メイソンが彼が雇う人々にうるさいことを可能にするでしょう、そして仕事の説明によれば、それらの期待は高いです。

成功した応募者は、「笑顔で人とつながり、アイコンタクトを取り、熱心に話すことを愛する必要があります」、「一生懸命働き、高水準を提供することを簡単かつ楽に見せ、他の人も効率的かつ楽にできるようにする」と述べています。


このチックフィレイの所有者が賃金を1時間あたり17ドルに引き上げている理由

ファーストフードの仕事は国内で最も低い賃金のいくつかを支払い、労働者がより良いオファーを得た場合に固執する理由をほとんど与えず、彼らを置き換える人々を見つける必要がある雇用者に費用がかかることを証明します。

カリフォルニアでは、あるチックフィレイのフランチャイジーが、サイクルを壊そうとしていると言います。

過去3年間、サクラメント空港近くの高速道路でチックフィレイを所有していたエリックメイソンは、来週、「ホスピタリティの専門家」を1時間あたり17ドルから、12ドルから13ドルに引き上げると述べています。彼が今支払う時間。

「私たちが生活賃金に行くとき、私たちは家族を育て、彼らのライフスタイルを改善しようとしている人々を探しています」と彼は5月26日にABC10ニュースに語った。.「たぶん、彼らはたった1つの仕事をすることができ、それは持続可能です。それがビジネスにもたらすことは、一貫性、つまりゲストとの関係を持つ誰かを提供することです。それは長期的な文化を構築するでしょう。」

メイソンのマーケティングマネージャーであるマレナワイズマンは、フランチャイズが家の前と後ろの両方で働くために、新しいレートで35〜45人を雇用すること、そして現在のすべての従業員がそのポジションに応募することを奨励されることをCNNMoneyに確認しました。

労働統計局によると、サクラメント地域のファーストフード料理人は、1時間あたり平均11.42ドルで、全国レベルよりも約1ドル高くなっています。

カリフォルニアの最低賃金は現在1時間あたり11ドルで、2022年までに15ドルまで着実に上昇しますが、メイソンの5ドルの急上昇は珍しいものです。

「すべての責任ある雇用主は、最低賃金の引き上げの影響に備えていますが、通常は時間をかけて計画を立てています」と、カリフォルニア雇用者協会の調査および報酬サービスの責任者であるキャリー・クロスターマンは述べています。

理由の1つ:最低賃金を少しだけ上回っている従業員でさえ、昇給を期待する傾向があります。したがって、雇用主が賃金を上げるのが速すぎると、高額になる可能性があります。

「ファーストフード店でこのレベルまで賃金を上げることは称賛に値するが、多くの企業が彼らの足跡をたどる可能性が高いとは思わない」とクロスターマン氏は言う。

このような大幅な賃金の引き上げは、フランチャイズ業界でも特にまれです。フランチャイズ業界では、本社が高額のロイヤルティを請求し、価格やプロモーションなど、業務の多くの側面を管理していることがよくあります。そのため、賃金などの固定費が高い地域のフランチャイジーの生活は困難になる可能性があります。

「労働力が国内の他の地域よりもはるかに高い地域にいる場合は、水中にいる可能性があります」と、カリフォルニア州サンラファエルに拠点を置くフランチャイジーの弁護士であるピーターラガリアス氏は言います。 「この種の圧力がすべて高まると、フランチャイジーが傷ついていることが理解できます。」

ラガリアスは、カリフォルニアでは比較的新しいチックフィレイのフランチャイズ契約を見ていません。そのため、所有者と運営者がより高い価格を請求することによって増加した人件費を転嫁できるかどうかは明らかではありません。 Chick-fil-Aは、各所有者が1店舗につき1店舗に制限されているという点で珍しく、日常業務により深く関わっています。

Chick-fil-Aの本社の広報担当者は、地元の事業者が独自の採用と賃金の決定を行うと述べただけです。

ただし、メイソンの戦略は長期的には成果を上げる可能性があります。

調査によると、賃金を上げることで離職率を下げることができ、レストラン業界では年間100%にもなる可能性があります。労働者が去るたびに、彼らは他の誰かでシフトを埋めなければならないので、それはレストランの所有者のお金がかかります。

メイソンはまた、多くの低賃金労働者が生き残るために一度に複数の仕事を抑えなければならないこと、そして生活賃金でのフルタイムの仕事は多くの人が維持しようと努力することであると指摘するのは正しいです。

「人々が低賃金の仕事を辞める理由は、彼らが少しだけ良いものを見つけようとしているからです」とカリフォルニア大学バークレー校の労働経済学者シルビア・アレグレットは言います。

1時間あたり17ドルで、メイソンの「ホスピタリティプロフェッショナル」のポジションは、実質的に売上高の影響を受けない可能性があります。

「あなたはその仕事を得るために非常に一生懸命努力するでしょう、そしてあなたは非常に優秀で勤勉な生産的な労働者になるでしょう」とアレグレットは言います。 「あなたがその仕事を失った場合、あなたの次の仕事は最低賃金の近くに戻るでしょう。」

これにより、メイソンの店舗は急速に求職者の市場になりつつある市場で成功する可能性があります。サクラメントの失業率は、現在3.9%である全国平均を追跡しています。これは2000年以来の最低のレートであり、2018年まで低下し続けると予想されます。

17ドルの賃金はまた、メイソンが彼が雇う人々にうるさいことを可能にするでしょう、そして仕事の説明によれば、それらの期待は高いです。

成功した応募者は、「笑顔で人とつながり、アイコンタクトを取り、熱心に話すことを愛する必要があります」、「一生懸命働き、高水準を提供することを簡単かつ楽に見せ、他の人も効率的かつ楽にできるようにする」と述べています。


このチックフィレイの所有者が賃金を1時間あたり17ドルに引き上げている理由

ファーストフードの仕事は国内で最も低い賃金のいくつかを支払い、労働者がより良いオファーを得た場合に固執する理由をほとんど与えず、彼らを置き換える人々を見つける必要がある雇用者に費用がかかることを証明します。

カリフォルニアでは、あるチックフィレイのフランチャイジーが、サイクルを壊そうとしていると言います。

過去3年間、サクラメント空港近くの高速道路でチックフィレイを所有していたエリックメイソンは、来週、「ホスピタリティの専門家」を1時間あたり17ドルから、12ドルから13ドルに引き上げると述べています。彼が今支払う時間。

「私たちが生活賃金に行くとき、私たちは家族を育て、彼らのライフスタイルを改善しようとしている人々を探しています」と彼は5月26日にABC10ニュースに語った。.「たぶん、彼らはたった1つの仕事をすることができ、それは持続可能です。それがビジネスにもたらすことは、一貫性、つまりゲストとの関係を持つ誰かを提供することです。それは長期的な文化を構築するでしょう。」

メイソンのマーケティングマネージャーであるマレナワイズマンは、フランチャイズが家の前と後ろの両方で働くために、新しいレートで35〜45人を雇用すること、そして現在のすべての従業員がそのポジションに応募することを奨励されることをCNNMoneyに確認しました。

労働統計局によると、サクラメント地域のファーストフード料理人は、1時間あたり平均11.42ドルで、全国レベルよりも約1ドル高くなっています。

カリフォルニアの最低賃金は現在1時間あたり11ドルで、2022年までに15ドルまで着実に上昇しますが、メイソンの5ドルの急上昇は珍しいものです。

「すべての責任ある雇用主は、最低賃金の引き上げの影響に備えていますが、通常は時間をかけて計画を立てています」と、カリフォルニア雇用者協会の調査および報酬サービスの責任者であるキャリー・クロスターマンは述べています。

理由の1つ:最低賃金を少しだけ上回っている従業員でさえ、昇給を期待する傾向があります。したがって、雇用主が賃金を上げるのが速すぎると、高額になる可能性があります。

「ファーストフード店でこのレベルまで賃金を上げることは称賛に値するが、多くの企業が彼らの足跡をたどる可能性が高いとは思わない」とクロスターマン氏は言う。

このような大幅な賃金の引き上げは、フランチャイズ業界でも特にまれです。フランチャイズ業界では、本社が高額のロイヤルティを請求し、価格やプロモーションなど、業務の多くの側面を管理していることがよくあります。そのため、賃金などの固定費が高い地域のフランチャイジーの生活は困難になる可能性があります。

「労働力が国内の他の地域よりもはるかに高い地域にいる場合は、水中にいる可能性があります」と、カリフォルニア州サンラファエルに拠点を置くフランチャイジーの弁護士であるピーターラガリアス氏は言います。 「この種の圧力がすべて高まると、フランチャイジーが傷ついていることが理解できます。」

ラガリアスは、カリフォルニアでは比較的新しいチックフィレイのフランチャイズ契約を見ていません。そのため、所有者と運営者がより高い価格を請求することによって増加した人件費を転嫁できるかどうかは明らかではありません。 Chick-fil-Aは、各所有者が1店舗につき1店舗に制限されているという点で珍しく、日常業務により深く関わっています。

Chick-fil-Aの本社の広報担当者は、地元の事業者が独自の採用と賃金の決定を行うと述べただけです。

ただし、メイソンの戦略は長期的には成果を上げる可能性があります。

調査によると、賃金を上げることで離職率を下げることができ、レストラン業界では年間100%にもなる可能性があります。労働者が去るたびに、彼らは他の誰かでシフトを埋めなければならないので、それはレストランの所有者のお金がかかります。

メイソンはまた、多くの低賃金労働者が生き残るために一度に複数の仕事を抑えなければならないこと、そして生活賃金でのフルタイムの仕事は多くの人が維持しようと努力することであると指摘するのは正しいです。

「人々が低賃金の仕事を辞める理由は、彼らが少しだけ良いものを見つけようとしているからです」とカリフォルニア大学バークレー校の労働経済学者シルビア・アレグレットは言います。

1時間あたり17ドルで、メイソンの「ホスピタリティプロフェッショナル」のポジションは、実質的に売上高の影響を受けない可能性があります。

「あなたはその仕事を得るために非常に一生懸命努力するでしょう、そしてあなたは非常に優秀で勤勉な生産的な労働者になるでしょう」とアレグレットは言います。 「あなたがその仕事を失った場合、あなたの次の仕事は最低賃金の近くに戻るでしょう。」

これにより、メイソンの店舗は急速に求職者の市場になりつつある市場で成功する可能性があります。サクラメントの失業率は、現在3.9%である全国平均を追跡しています。これは2000年以来の最低のレートであり、2018年まで低下し続けると予想されます。

17ドルの賃金はまた、メイソンが彼が雇う人々にうるさいことを可能にするでしょう、そして仕事の説明によれば、それらの期待は高いです。

成功した応募者は、「笑顔で人とつながり、アイコンタクトを取り、熱心に話すことを愛する必要があります」、「一生懸命働き、高水準を提供することを簡単かつ楽に見せ、他の人も効率的かつ楽にできるようにする」と述べています。


このチックフィレイの所有者が賃金を1時間あたり17ドルに引き上げている理由

ファーストフードの仕事は国内で最も低い賃金のいくつかを支払い、労働者がより良いオファーを得た場合に固執する理由をほとんど与えず、彼らを置き換える人々を見つける必要がある雇用者に費用がかかることを証明します。

カリフォルニアでは、あるチックフィレイのフランチャイジーが、サイクルを壊そうとしていると言います。

過去3年間、サクラメント空港近くの高速道路でチックフィレイを所有していたエリックメイソンは、来週、「ホスピタリティの専門家」を1時間あたり17ドルから、12ドルから13ドルに引き上げると述べています。彼が今支払う時間。

「私たちが生活賃金に行くとき、私たちは家族を育て、彼らのライフスタイルを改善しようとしている人々を探しています」と彼は5月26日にABC10ニュースに語った。.「たぶん、彼らはたった1つの仕事をすることができ、それは持続可能です。それがビジネスにもたらすことは、一貫性、つまりゲストとの関係を持つ誰かを提供することです。それは長期的な文化を構築するでしょう。」

メイソンのマーケティングマネージャーであるマレナワイズマンは、フランチャイズが家の前と後ろの両方で働くために、新しいレートで35〜45人を雇用すること、そして現在のすべての従業員がそのポジションに応募することを奨励されることをCNNMoneyに確認しました。

労働統計局によると、サクラメント地域のファーストフード料理人は、1時間あたり平均11.42ドルで、全国レベルよりも約1ドル高くなっています。

カリフォルニアの最低賃金は現在1時間あたり11ドルで、2022年までに15ドルまで着実に上昇しますが、メイソンの5ドルの急上昇は珍しいものです。

「すべての責任ある雇用主は、最低賃金の引き上げの影響に備えていますが、通常は時間をかけて計画を立てています」と、カリフォルニア雇用者協会の調査および報酬サービスの責任者であるキャリー・クロスターマンは述べています。

理由の1つ:最低賃金を少しだけ上回っている従業員でさえ、昇給を期待する傾向があります。したがって、雇用主が賃金を上げるのが速すぎると、高額になる可能性があります。

「ファーストフード店でこのレベルまで賃金を上げることは称賛に値するが、多くの企業が彼らの足跡をたどる可能性が高いとは思わない」とクロスターマン氏は言う。

このような大幅な賃金の引き上げは、フランチャイズ業界でも特にまれです。フランチャイズ業界では、本社が高額のロイヤルティを請求し、価格やプロモーションなど、業務の多くの側面を管理していることがよくあります。そのため、賃金などの固定費が高い地域のフランチャイジーの生活は困難になる可能性があります。

「労働力が国内の他の地域よりもはるかに高い地域にいる場合は、水中にいる可能性があります」と、カリフォルニア州サンラファエルに拠点を置くフランチャイジーの弁護士であるピーターラガリアス氏は言います。 「この種の圧力がすべて高まると、フランチャイジーが傷ついていることが理解できます。」

ラガリアスは、カリフォルニアでは比較的新しいチックフィレイのフランチャイズ契約を見ていません。そのため、所有者と運営者がより高い価格を請求することによって増加した人件費を転嫁できるかどうかは明らかではありません。 Chick-fil-Aは、各所有者が1店舗につき1店舗に制限されているという点で珍しく、日常業務により深く関わっています。

Chick-fil-Aの本社の広報担当者は、地元の事業者が独自の採用と賃金の決定を行うと述べただけです。

ただし、メイソンの戦略は長期的には成果を上げる可能性があります。

調査によると、賃金を上げることで離職率を下げることができ、レストラン業界では年間100%にもなる可能性があります。労働者が去るたびに、彼らは他の誰かでシフトを埋めなければならないので、それはレストランの所有者のお金がかかります。

メイソンはまた、多くの低賃金労働者が生き残るために一度に複数の仕事を抑えなければならないこと、そして生活賃金でのフルタイムの仕事は多くの人が維持しようと努力することであると指摘するのは正しいです。

「人々が低賃金の仕事を辞める理由は、彼らが少しだけ良いものを見つけようとしているからです」とカリフォルニア大学バークレー校の労働経済学者シルビア・アレグレットは言います。

1時間あたり17ドルで、メイソンの「ホスピタリティプロフェッショナル」のポジションは、実質的に売上高の影響を受けない可能性があります。

「あなたはその仕事を得るために非常に一生懸命努力するでしょう、そしてあなたは非常に優秀で勤勉な生産的な労働者になるでしょう」とアレグレットは言います。 "Because if you lose that job, your next job will be back down close to the minimum wage."

That may position Mason's store to succeed in what's rapidly become a job seekers' market. Sacramento's unemployment rate tracks the national average, which is currently 3.9%. That's the lowest rate it's been since 2000 and it's expected to keep dropping through 2018.

A $17 wage would also allow Mason to be picky with the people he hires, and according to a job description, those expectations are high.

A successful applicant, it reads, "must love to smile & connect with people, make eye contact & speak enthusiastically" and "makes working hard and delivering high standards look easy and effortless, enabling others to be efficient and effortless as well."


Why this Chick-fil-A owner is raising wages to $17 an hour

Fast food jobs pay some of the lowest wages in the country, giving workers little reason to stick around if they get a better offer and proving costly to employers who need to find people to replace them.

In California, one Chick-fil-A franchisee says he's trying to break the cycle.

Eric Mason, who for the last three years has owned a Chick-fil-A off the highway near the Sacramento airport, says that next week he'll start hiring "hospitality professionals" starting at $17 an hour, up from the $12 to $13 an hour he pays now.

"When we go to the living wage, we're looking for people who are trying to raise families, improve their lifestyle," he told ABC10 News on May 26."Maybe they could just work one job, and then it's sustainable. What that does for the business is provide consistency, someone that has relationships with our guests. It's going to be building a long-term culture."

Mason's marketing manager Marena Weisman confirmed to CNNMoney that the franchise would be hiring between 35 and 45 people at the new rate, for work in both the front and the back of the house, and that all current employees are encouraged to apply for the positions.

According to the Bureau of Labor Statistics, fast food cooks in the Sacramento area make an average of $11.42 an hour, about a dollar higher than the national level.

Even though California's minimum wage is currently $11 an hour, and will rise steadily to $15 by 2022, Mason's $5 jump is unusual.

"All responsible employers are preparing for the impact of the increasing minimum wage, but they are usually doing it over time and planning for it," says Carey Klosterman, director of research and compensation services at the California Employers Association.

One reason why: Even employees making just a little bit more than the minimum wage tend to expect raises too. So if employers raise wages too quickly, it can get expensive.

"While increasing the wage to this level at a fast food restaurant is commendable, I don't foresee that many businesses will likely be following in their footsteps," Klosterman says.

Such big hikes in wages are also especially rare in franchised industries, where the headquarters often charges steep royalties and controls many aspects of the operation — including prices and promotions. That can make life difficult for franchisees in areas with higher fixed costs like wages.

"If you're in a territory where labor is much higher than the rest of the country, you could be underwater," says Peter Lagarias, an attorney for franchisees based in San Rafael, California. "When these kinds of pressures all build up, you can understand that franchisees are hurting."

Lagarias hasn't seen the franchise agreement for Chick-fil-A, which is relatively new to California, so it's not clear whether an owner-operator could pass along increased labor costs by charging higher prices. Chick-fil-A is unusual in that each owner is limited to one store apiece, which keeps them more involved in day-to-day operations.

A spokeswoman from Chick-fil-A's corporate office said only that local operators make their own hiring and wage decisions.

However, Mason's strategy could pay off in the long run.

Research has shown that raising wages can reduce turnover, which in the restaurant industry can be as high as 100% per year. Each time a worker leaves, it costs the restaurant owner money because they then have to fill the shift with someone else.

Mason is also correct to point out that many low-wage workers have to hold down multiple jobs at a time in order to survive, and that full-time work at a livable wage is something many would try hard to keep.

"The reason people leave low wage jobs is that they're trying to find something just a little bit better," says Sylvia Allegretto, a labor economist at the University of California, Berkeley.

At $17 an hour, Mason's "hospitality professional" positions could be practically immune from turnover.

"You're going to try very hard to get that job, and you're going to be a very good, diligent productive worker," Allegretto says. "Because if you lose that job, your next job will be back down close to the minimum wage."

That may position Mason's store to succeed in what's rapidly become a job seekers' market. Sacramento's unemployment rate tracks the national average, which is currently 3.9%. That's the lowest rate it's been since 2000 and it's expected to keep dropping through 2018.

A $17 wage would also allow Mason to be picky with the people he hires, and according to a job description, those expectations are high.

A successful applicant, it reads, "must love to smile & connect with people, make eye contact & speak enthusiastically" and "makes working hard and delivering high standards look easy and effortless, enabling others to be efficient and effortless as well."


Why this Chick-fil-A owner is raising wages to $17 an hour

Fast food jobs pay some of the lowest wages in the country, giving workers little reason to stick around if they get a better offer and proving costly to employers who need to find people to replace them.

In California, one Chick-fil-A franchisee says he's trying to break the cycle.

Eric Mason, who for the last three years has owned a Chick-fil-A off the highway near the Sacramento airport, says that next week he'll start hiring "hospitality professionals" starting at $17 an hour, up from the $12 to $13 an hour he pays now.

"When we go to the living wage, we're looking for people who are trying to raise families, improve their lifestyle," he told ABC10 News on May 26."Maybe they could just work one job, and then it's sustainable. What that does for the business is provide consistency, someone that has relationships with our guests. It's going to be building a long-term culture."

Mason's marketing manager Marena Weisman confirmed to CNNMoney that the franchise would be hiring between 35 and 45 people at the new rate, for work in both the front and the back of the house, and that all current employees are encouraged to apply for the positions.

According to the Bureau of Labor Statistics, fast food cooks in the Sacramento area make an average of $11.42 an hour, about a dollar higher than the national level.

Even though California's minimum wage is currently $11 an hour, and will rise steadily to $15 by 2022, Mason's $5 jump is unusual.

"All responsible employers are preparing for the impact of the increasing minimum wage, but they are usually doing it over time and planning for it," says Carey Klosterman, director of research and compensation services at the California Employers Association.

One reason why: Even employees making just a little bit more than the minimum wage tend to expect raises too. So if employers raise wages too quickly, it can get expensive.

"While increasing the wage to this level at a fast food restaurant is commendable, I don't foresee that many businesses will likely be following in their footsteps," Klosterman says.

Such big hikes in wages are also especially rare in franchised industries, where the headquarters often charges steep royalties and controls many aspects of the operation — including prices and promotions. That can make life difficult for franchisees in areas with higher fixed costs like wages.

"If you're in a territory where labor is much higher than the rest of the country, you could be underwater," says Peter Lagarias, an attorney for franchisees based in San Rafael, California. "When these kinds of pressures all build up, you can understand that franchisees are hurting."

Lagarias hasn't seen the franchise agreement for Chick-fil-A, which is relatively new to California, so it's not clear whether an owner-operator could pass along increased labor costs by charging higher prices. Chick-fil-A is unusual in that each owner is limited to one store apiece, which keeps them more involved in day-to-day operations.

A spokeswoman from Chick-fil-A's corporate office said only that local operators make their own hiring and wage decisions.

However, Mason's strategy could pay off in the long run.

Research has shown that raising wages can reduce turnover, which in the restaurant industry can be as high as 100% per year. Each time a worker leaves, it costs the restaurant owner money because they then have to fill the shift with someone else.

Mason is also correct to point out that many low-wage workers have to hold down multiple jobs at a time in order to survive, and that full-time work at a livable wage is something many would try hard to keep.

"The reason people leave low wage jobs is that they're trying to find something just a little bit better," says Sylvia Allegretto, a labor economist at the University of California, Berkeley.

At $17 an hour, Mason's "hospitality professional" positions could be practically immune from turnover.

"You're going to try very hard to get that job, and you're going to be a very good, diligent productive worker," Allegretto says. "Because if you lose that job, your next job will be back down close to the minimum wage."

That may position Mason's store to succeed in what's rapidly become a job seekers' market. Sacramento's unemployment rate tracks the national average, which is currently 3.9%. That's the lowest rate it's been since 2000 and it's expected to keep dropping through 2018.

A $17 wage would also allow Mason to be picky with the people he hires, and according to a job description, those expectations are high.

A successful applicant, it reads, "must love to smile & connect with people, make eye contact & speak enthusiastically" and "makes working hard and delivering high standards look easy and effortless, enabling others to be efficient and effortless as well."


Why this Chick-fil-A owner is raising wages to $17 an hour

Fast food jobs pay some of the lowest wages in the country, giving workers little reason to stick around if they get a better offer and proving costly to employers who need to find people to replace them.

In California, one Chick-fil-A franchisee says he's trying to break the cycle.

Eric Mason, who for the last three years has owned a Chick-fil-A off the highway near the Sacramento airport, says that next week he'll start hiring "hospitality professionals" starting at $17 an hour, up from the $12 to $13 an hour he pays now.

"When we go to the living wage, we're looking for people who are trying to raise families, improve their lifestyle," he told ABC10 News on May 26."Maybe they could just work one job, and then it's sustainable. What that does for the business is provide consistency, someone that has relationships with our guests. It's going to be building a long-term culture."

Mason's marketing manager Marena Weisman confirmed to CNNMoney that the franchise would be hiring between 35 and 45 people at the new rate, for work in both the front and the back of the house, and that all current employees are encouraged to apply for the positions.

According to the Bureau of Labor Statistics, fast food cooks in the Sacramento area make an average of $11.42 an hour, about a dollar higher than the national level.

Even though California's minimum wage is currently $11 an hour, and will rise steadily to $15 by 2022, Mason's $5 jump is unusual.

"All responsible employers are preparing for the impact of the increasing minimum wage, but they are usually doing it over time and planning for it," says Carey Klosterman, director of research and compensation services at the California Employers Association.

One reason why: Even employees making just a little bit more than the minimum wage tend to expect raises too. So if employers raise wages too quickly, it can get expensive.

"While increasing the wage to this level at a fast food restaurant is commendable, I don't foresee that many businesses will likely be following in their footsteps," Klosterman says.

Such big hikes in wages are also especially rare in franchised industries, where the headquarters often charges steep royalties and controls many aspects of the operation — including prices and promotions. That can make life difficult for franchisees in areas with higher fixed costs like wages.

"If you're in a territory where labor is much higher than the rest of the country, you could be underwater," says Peter Lagarias, an attorney for franchisees based in San Rafael, California. "When these kinds of pressures all build up, you can understand that franchisees are hurting."

Lagarias hasn't seen the franchise agreement for Chick-fil-A, which is relatively new to California, so it's not clear whether an owner-operator could pass along increased labor costs by charging higher prices. Chick-fil-A is unusual in that each owner is limited to one store apiece, which keeps them more involved in day-to-day operations.

A spokeswoman from Chick-fil-A's corporate office said only that local operators make their own hiring and wage decisions.

However, Mason's strategy could pay off in the long run.

Research has shown that raising wages can reduce turnover, which in the restaurant industry can be as high as 100% per year. Each time a worker leaves, it costs the restaurant owner money because they then have to fill the shift with someone else.

Mason is also correct to point out that many low-wage workers have to hold down multiple jobs at a time in order to survive, and that full-time work at a livable wage is something many would try hard to keep.

"The reason people leave low wage jobs is that they're trying to find something just a little bit better," says Sylvia Allegretto, a labor economist at the University of California, Berkeley.

At $17 an hour, Mason's "hospitality professional" positions could be practically immune from turnover.

"You're going to try very hard to get that job, and you're going to be a very good, diligent productive worker," Allegretto says. "Because if you lose that job, your next job will be back down close to the minimum wage."

That may position Mason's store to succeed in what's rapidly become a job seekers' market. Sacramento's unemployment rate tracks the national average, which is currently 3.9%. That's the lowest rate it's been since 2000 and it's expected to keep dropping through 2018.

A $17 wage would also allow Mason to be picky with the people he hires, and according to a job description, those expectations are high.

A successful applicant, it reads, "must love to smile & connect with people, make eye contact & speak enthusiastically" and "makes working hard and delivering high standards look easy and effortless, enabling others to be efficient and effortless as well."


Why this Chick-fil-A owner is raising wages to $17 an hour

Fast food jobs pay some of the lowest wages in the country, giving workers little reason to stick around if they get a better offer and proving costly to employers who need to find people to replace them.

In California, one Chick-fil-A franchisee says he's trying to break the cycle.

Eric Mason, who for the last three years has owned a Chick-fil-A off the highway near the Sacramento airport, says that next week he'll start hiring "hospitality professionals" starting at $17 an hour, up from the $12 to $13 an hour he pays now.

"When we go to the living wage, we're looking for people who are trying to raise families, improve their lifestyle," he told ABC10 News on May 26."Maybe they could just work one job, and then it's sustainable. What that does for the business is provide consistency, someone that has relationships with our guests. It's going to be building a long-term culture."

Mason's marketing manager Marena Weisman confirmed to CNNMoney that the franchise would be hiring between 35 and 45 people at the new rate, for work in both the front and the back of the house, and that all current employees are encouraged to apply for the positions.

According to the Bureau of Labor Statistics, fast food cooks in the Sacramento area make an average of $11.42 an hour, about a dollar higher than the national level.

Even though California's minimum wage is currently $11 an hour, and will rise steadily to $15 by 2022, Mason's $5 jump is unusual.

"All responsible employers are preparing for the impact of the increasing minimum wage, but they are usually doing it over time and planning for it," says Carey Klosterman, director of research and compensation services at the California Employers Association.

One reason why: Even employees making just a little bit more than the minimum wage tend to expect raises too. So if employers raise wages too quickly, it can get expensive.

"While increasing the wage to this level at a fast food restaurant is commendable, I don't foresee that many businesses will likely be following in their footsteps," Klosterman says.

Such big hikes in wages are also especially rare in franchised industries, where the headquarters often charges steep royalties and controls many aspects of the operation — including prices and promotions. That can make life difficult for franchisees in areas with higher fixed costs like wages.

"If you're in a territory where labor is much higher than the rest of the country, you could be underwater," says Peter Lagarias, an attorney for franchisees based in San Rafael, California. "When these kinds of pressures all build up, you can understand that franchisees are hurting."

Lagarias hasn't seen the franchise agreement for Chick-fil-A, which is relatively new to California, so it's not clear whether an owner-operator could pass along increased labor costs by charging higher prices. Chick-fil-A is unusual in that each owner is limited to one store apiece, which keeps them more involved in day-to-day operations.

A spokeswoman from Chick-fil-A's corporate office said only that local operators make their own hiring and wage decisions.

However, Mason's strategy could pay off in the long run.

Research has shown that raising wages can reduce turnover, which in the restaurant industry can be as high as 100% per year. Each time a worker leaves, it costs the restaurant owner money because they then have to fill the shift with someone else.

Mason is also correct to point out that many low-wage workers have to hold down multiple jobs at a time in order to survive, and that full-time work at a livable wage is something many would try hard to keep.

"The reason people leave low wage jobs is that they're trying to find something just a little bit better," says Sylvia Allegretto, a labor economist at the University of California, Berkeley.

At $17 an hour, Mason's "hospitality professional" positions could be practically immune from turnover.

"You're going to try very hard to get that job, and you're going to be a very good, diligent productive worker," Allegretto says. "Because if you lose that job, your next job will be back down close to the minimum wage."

That may position Mason's store to succeed in what's rapidly become a job seekers' market. Sacramento's unemployment rate tracks the national average, which is currently 3.9%. That's the lowest rate it's been since 2000 and it's expected to keep dropping through 2018.

A $17 wage would also allow Mason to be picky with the people he hires, and according to a job description, those expectations are high.

A successful applicant, it reads, "must love to smile & connect with people, make eye contact & speak enthusiastically" and "makes working hard and delivering high standards look easy and effortless, enabling others to be efficient and effortless as well."


ビデオを見る: ブリヂストンが今後解雇を決行するコロナ解雇がピークを迎えている社会の既得権 思想編に突入