新しいレシピ

どの国がアイスクリームを発明したか信じられないでしょう

どの国がアイスクリームを発明したか信じられないでしょう


あなたのブロックを降りてくるアイスクリームトラックよりも好まれる夏の曲はありません

アイスクリームの歴史は厄介なものです。

人類のアイスクリームへの愛情は何世紀も前にさかのぼりますが、アイスクリームがどこでどのように発明されたかという問題は厄介なものです。しかし、今日私たち全員が愛する御馳走になるために進化したもので冷静になるために使用されたときに人々が戻ったことを示す記録がまだあります。

フランス

写真提供者:Flickr / Shawn Alan

いいえ、アイスクリームはフランスで発明されたわけではありませんが、カトリーヌドメディチがヘンリー2世と結婚するために転居したときに、アイスクリームをフランスに紹介したと言われています。

イングランド

アイスクリームもハリーポッターと出生地を共有していませんが、当時イギリス人だったチャールズ王は、すべてイギリス人で、アイスクリームではなく「クリームアイス」と呼ぶことにしました。図に行きます。

イタリア

ジェラートはアイスクリームのロナウドかもしれませんが、それはイタリア人によって発明されたという意味ではありません。マルコポーロが極東への旅行からそれを持ち帰ったと言う人もいますが、もう一度考えてみてください。

ギリシャ

言うまでもなく、アレキサンダー大王は、彼がかつて楽しんだような蜂蜜やワインで味付けされた冷たい飲み物がなければ、それほど素晴らしいものではなかったでしょう。

中国

勝者がいます!アイスクリームは、「冷凍ミルクのような菓子」を最初に食べたと考えられている唐王朝の下で最初に登場しました。


アイスクリームの科学

あなたがそれについて考えるならば、アイスクリームは実際にはかなり複雑で多面的な構成です &#8211しっかりしているが柔らかく、ゆっくりと溶ける間はそのままにしておくのが望ましい。クリームのバッチを冷凍庫に入れるだけでは、アイスクリームではなく、固く凍った固形クリームのブロックになります。アイスクリームの繊細で魅惑的な性質の理由は、最終的には食品化学の問題です!

分子ガストロノミーは、近年非常に人気があります。材料をおいしいアイスクリームに変える物理的および化学的側面について少なくとも何かを理解することは、世界についての一般的な知識を追加するだけでなく、アイスクリームの次の範囲について話すこともできます。しかし、最も重要なことは、それはあなたがより良い、より注意深い方法であなた自身のアイスクリームを準備するのを助け、台所であなたの成功率を劇的に増加させるでしょう!


アイスクリームを発明したのは誰ですか?

現代のアイスクリームブームは、新しい冷凍方法を提唱し、食品市場での販売を商業化した20世紀の工業化の結果として起こりました。しかし、夏の珍味として、歴史家はアイスクリームの起源を約2500年前の初期の人間の文明にまでさかのぼりました。この期間の膨大な情報ギャップのために、アイスクリームの実際の起源の歴史のほとんどが失われ、アイスクリームを発明した功績を1つの地域に明確に示すことはできません。


アイスクリーム

アイスクリームの起源は少し謎であり、週の日数と同じくらい多様です。

多くの人はそれがローマ人から始まったと信じています。このアイデアが最初にアジアで試みられたと考える人もいます。どちらの場所でも、山頂からの雪や氷からフルーツジュースや蜂蜜を注ぎ、初期のシャーベットを作ったと広く信じられています。

2012年にイタリアにCarpigianiGelato Museumがオープンし、この「ソルベ」の起源をメソポタミアまでさかのぼり、雪を使って飲み物を冷やしました。

16世紀のイタリアの舞台美術家兼建築家、ベルナルドブオンタレンティは、エッグクリームジェラートを紹介した人物と考えられています。彼がジェラートを発明したと言う人もいますが、私は男性の背景に基づいてこれについて私自身の見解を持っています&#8230

コジモ1世がトスカーナ大公から大公(劇場のデザイン)のオーケストレーションを依頼されたとき、彼は料理の達人である友人に尋ねたので、「紹介された」と言います。新しくてエキサイティングな味。

この男は、軍事技術者、建築家、演劇デザイナー、そして芸術家でした。彼は大砲と手榴弾、別荘と彫像を設計しました。彼が料理の天才であったとはどこにも述べられていませんが、彼は多くの興味深いサークルを旅したに違いありません。間違いなく、彼が新しい料理を与えることができる素晴らしい料理のスキルを持った誰かを知っていました…この要求のために作られたか、比較的知られていないレシピ。

しかし、これは、人間の本性についての私の理解に基づいて起こったかもしれないことについての私の印象にすぎません。私たちは確実に知ることは決してありません。あなたが彼だったらどうしましたか?

アイスクリームは、他の名前でも、まだ甘い味がします。ラテン語の&#8220glacies cremor&#8221は、イタリア語で&#8220gelato&#8221を意味し、英語で&#8220ice cream&#8221を意味します。

材料としてのアイスクリーム

コーンやボウルから食べるだけでなく、アイスクリームのもう1つの素晴らしい点は、それを使ってできるすべての素晴らしいことです。 デザートやおやつ!あなたがアイスクリームでできることはあなたの想像力と同じくらい無制限です!

  • 中身がアイスクリームでケーキがそれを囲んでいるアイスクリームケーキとカップケーキ。
  • 2つの焼きたてのクッキースタイルの層の間に置かれたアイスクリームのクリーミーな層を備えたアイスクリームサンドイッチ。
  • チョコレートに浸したアイスクリームボールが入ったアイスクリーム爆弾。
  • バナナスプリット
  • アイスクリームが揺れて浮く
  • アイスクリームサンデー

アイスクリームを作る準備はできましたか?

これまでに自分でアイスクリームを作ったことがない場合は、ここに基本的な材料のリストがあります。各レシピには、その料理を作るために必要な材料のリストもあります。

典型的な台所用品が必要になります。使用する道具のリストはここにあります。

あなたがすでにあなたの材料を持っているならば、あなたはここで私のアイスクリームレシピの1つを試すことができます。


それで、とにかく、アイスクリームとは何ですか?このようなものはどこから来たのですか?

人々が偶然にベリーや小枝を雪に混ぜて食べている限り、アイスクリームは何らかの形で出回っています。それはそれほどエレガントではありませんが、それは始まりです!

およそ4000年前、&ldquoice家&rdquo、または夏の間山の雪を蓄える家がありました。人間が成長して学び、より複雑な動物になるにつれて、私たちのアイスクリームも成長しました。約2500年前、ギリシャ人は夏に氷室から雪を取り除き、蜂蜜と果物を混ぜて楽しんでいました。アレキサンダー大王は蜜で彼を楽しんだ。ああ、甘いドリップ-ドリップスノーコーン!

そこから、他のさまざまな形の冷凍おやつが作成されました。約2400年前のペルシャには、ローズウォーターと春雨で作った冷製料理がありました。サフラン、果物、その他のグッズが追加されました。実はこれは素敵ですね!フルーティーパスタのかき氷!

約2300年前の中国は、最初に乳製品を使用していました(とにかく私はそれを見つけることができます)。彼らはミルクと米を組み合わせて、それを雪に詰めました。ミルキーライススノーコーンワッド!

氷がどこに住んでいても、あらゆる種類の氷のスラッシュの良さが楽しんだと確信していますが、アイスクリームのほとんどの進歩は、次の1000年にわたって中国で起こりました。中国人はまた、アイスクリーム製造機を発明したか、少なくとも氷と混合された塩がその中に置かれた容器から熱を奪うことを発見した可能性があります。雪と硝酸カリウムの混合物をシロップの容器に注ぎ、内容物を凍結させた。およそ1400年前、シャンの中国王T&rsquoangは、発酵した水牛のミルク、小麦粉、樟脳の冷凍混合物を楽しむことができるように、94人の&ldquoice男性&rdquoを維持しました。 MMmmm&hellip Camphory!

1200年代後半、マルコポーロは中国からヴェネツィアに戻り、パスタとアイスクリーム(シャーベットの一種)のレシピを持ってきたと思われます。今では、マルコポーロが中国を訪れたことさえないと信じている人もいます。これの多くはまだ議論の余地がありますが、ほとんどの人は彼が やりました たとえ多くの物語が流用されたり装飾されたりしたとしても、そこに行きなさい。とにかく、これに至るまでの数年間、東と西をつなぐ他の多くのチャネルがありました。中国人はアラブの商人に、シャーベットの最初のバージョンであるシロップと雪を組み合わせる方法を教えたと言われています。シチリア島は、831年から1090年の間、実際にはアラブ首長国連邦でした。これらのアイデアや伝統の多くが、それ自体でヨーロッパの土壌に咲いた可能性が非常に高いです。彼らは確かにオレンジ、レモン、ピスタチオを紹介しました。グラニテ。彼らはまたサトウキビを紹介しました。うーん&ヘリ Suuuuugar&hellip

1533年に伝承が続く中、フィレンツェのキャサリン・デ・メディチ家は、フランスの将来のアンリ2世:ブガルーと結婚しました。彼女はイタリアから彼女の料理の側近を連れてきました。 1か月にわたる結婚式のお祝いの中で、ルジェリオという養鶏業者は毎日異なる味の氷を作りました。彼は以前、メディチ家が主催した「これまでに見た中で最も珍しい料理」と呼ばれるコンテストで優勝していました。Ruggerioはこの地域で有名になりました。彼女の壮大な14年間の知恵の中で、メディチのキャシーはこの単一の名前の養鶏/アイスクリーム製造フェローをフランスに連れてきました。この結婚は、現代のフランスの高級料理の誕生と見なされることがよくあります。

繰り返しになりますが、以前のマルコポーロのように、これの多くは世代を超えて受け継がれてきた物語です。話が進むにつれて、フランス人はすべてルジェリオを嫌っていました。ストレスが犠牲になり、彼は後に養鶏に戻りました。

200年後の1754年、フランス料理に対するキャサリンの影響についての最初の言及が 百科事典&eacutedie. 高級料理 退廃的で女々しいと言われ、キャサリン・デ・メディチの宮廷で仕えた腐敗したイタリア人の群衆を経由して、うるさいソースと派手なフリカッセがフランスに到着したと説明しています。彼女はフォークも持ってきました。

1500年代後半、建築家、彫刻家、画家、デザイナー、そして万能の氷の専門家であるベルナルドブオンタレンティは、スペインのゲストを歓迎するように、精巧な建造物、イベント、花火、ステージ、宴会を作成するようメディチ家から依頼されました。彼は一種の冷凍ベルガモット、レモン、オレンジを泡立てました ザバイオーネ (泡立てたカスタードの一種)甘くしたミルク、卵、ワインで作ったもの。塩氷の上でかき混ぜました。彼は泡立て器を作るために彼自身の泡立て器さえ設計したと言われています。これは、私の友達、世界初のジェラート&ヘリップです フローズンカスタード.

この時点で、しかし&hellip秘密は出ています。アイスクリームが出回っています。確かに、それはスタッフと氷へのアクセスを持っているだけの豊かで空想です(現代の冷蔵はまだ存在していませんでした)が、クリーム、香料、卵、砂糖および/または氷の冷凍デザートは中国からインドへ、中部を経由して作られています東そして今ヨーロッパで。

アメリカで提供されているアイスクリームの最初の言及は1744年です(イチゴと一緒に提供されます)。アイスクリームはクエーカー教徒によってアメリカに紹介されました。 1777年、菓子職人のフィリップレンジは、ニューヨークガゼットで、アイスクリームが「ほぼ毎日」入手可能であると発表しました。ベン・フランクリン、ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソンはすべてアイスクリームの大ファンでした。

そこからアイスクリームショップがオープンしました。レシピはプロの手から抜け出し始めました。それについては本全体が書かれていました。 1840年代に、小型の手回しアイスクリーム製造機が発明されました。アイスクリームが主流になりつつありました。万歳!!


アメリカンパイ

テイスティングテーブルは本物の社説を提供します。遊びの代金はありません:私たちは私たちが愛する製品とサービスのみをお勧めします。当サイトで製品またはサービスについて読み、提供するリンクから購入した場合、編集費用を相殺するために使用する小額の手数料または「アフィリエイト料金」を受け取る場合があります。広告主からの「パートナーコンテンツ」は編集上の推奨事項ではなく、すべての投稿または電子メールにそのように明確にマークされています。編集方針については、ここをクリックしてください。

&copy 2008&ndash2021 TDT MediaInc。がテイスティングテーブルとして事業を行っています。


アイスクリームの帝国

ヤシの木と柑橘類の木々の蒸し暑い風景の上にそびえる巨大で輝く白い雪の円錐形、エトナ山はシチリア島の東海岸を支配する大きな火山で、夏でも雪が降ることが多いので、特に涼しいものを味わいたくなるでしょう。夏。溶けやすいコーヒーグラニテのフレークが山盛りになったグラス、新鮮なレモンの繊細なシャーベット、または濃厚なヘーゼルナッツジェラートが思い浮かびます。火山によって投げかけられた影は、シチリアの人々に特別な天才を育てたようであり、彼らにアイスクリームを作るための完璧なスキルとそれを食べることへの消費的な情熱を与えています。実際、150年前に機械式冷蔵が開始される前の、2千年半の間、シチリア人は飲み物を冷やすために、そして後にデザートを凍らせるためにエトナの雪を収穫しました。

夏の暑さを和らげるために冬の雪と氷をピットや断熱された建物に保管する習慣は、市場で雪が売られていたギリシャとローマの文明だけでなく、メソポタミアと中国の古代文明にも遡るようです。シチリア島では、エトナ山自体が豊富な雪を提供するだけでなく、それを保存する手段も提供しました。山は自然の冷蔵庫であり、隙間に集まった雪の上に断熱毛布に落ちる火山灰を吐き出します。人類は自然を改善し、18世紀半ばまでに、シチリア人は火山の地下の洞窟に雪かきをし、それを大きなブロックに圧縮していました。エトナ山の斜面に近いカターニアの司教は、かつて教皇へのプレゼントとして大量の雪をローマに送りました。

シチリア島の氷への欲求は、島が獲物であった侵略と征服の波の間、衰えることなく続いた。ギリシャ人とローマ人の入植者は、エトナの雪でワインを冷やしました。サトウキビと柑橘系の果物を持って10世紀に到着したアラブ人は、レモネードに雪を入れました。 11世紀にノルマン人が上陸し、シチリアの最初のノルマン王であるロジャー2世は、パレルモ近くのチェファルの司教に、西の山から雪を売る独占的権利を与えたと思われます。カタニアは、東部のエトナの雪を独占していました。これは、次の世紀に栄えた儲かる取引です。シチリア島はアイスクリームの発明に熟した土地であり、原材料と食欲の両方を備えていました。

しかし、いつ、どこで、正確に、自然に氷結した水が人工の水氷になったのでしょうか?食品の歴史家は、自然の雪や氷で冷やされた飲み物への古代の愛情が、伝導によって液体を凍結することを可能にする物理学の法則である吸熱効果の科学的知識に出会ったのは、おそらく1650年頃とイタリアのどこかであると今では信じています。 、それを氷と塩の混合物で囲み、それが溶けると、水だけの凝固点よりはるかに低い温度に達します。

科学者や哲学者は、この手法を長い間実験してきました。このプロセスの説明は、4世紀のインドの詩、13世紀のアラブの論文、および マギアナチュラリス 1589年にイタリアで出版されたジャンバッティスタデッラポルタの。塩と氷の技術が実験室から台所に渡された瞬間を決定することは語彙によって複雑になります:用語 , グレース、 と ジェラート 自然に冷凍されたものと人工的に冷凍されたデザートの両方を表すために、それぞれの言語で長い間交換可能に使用されてきました。

冷凍スイーツを思いついたのは誰でも、シチリア人はそれを味わったときに良いことを知っていました。 1600年代後半までに、シチリアのアイスクリームメーカーはイタリア全土で有名になり、グラニテ(果物と氷の粒状の調合)、ソルベッティ(冷凍中に滑らかにかき混ぜられた氷)、およびシャーベットコンクレマ(ミルクが追加された氷-ジェラートの先駆者)を作成しました。世帯。

シチリア人は、社会のあらゆるレベルで、アイスクリームを非常に真剣に受け止めました。イタリア北部では、氷やその他の材料のコストと入手可能性が限られていたため、19世紀後半まで氷は病人や裕福な人々の保護区でした。しかし、シチリア島では、農民でさえ氷を当然のことと考えていました。 1800年代初頭にそこを訪れた英国紳士のウィリアム・アーバインは、「ぼろきれが体にぶら下がるほどの付着力が乏しいが、アイスショップで過ごすためのバイオック[1セント未満のコイン]を見つけた」ことに驚いた。 8221。不十分なシチリアの立法者は、1700年代にヴィットリオアメデオ2世によって「アイスクリームとシャーベットの議会」と評された可能性がありますが、これらは優先順位を知っていた男性でした。1774年にパレルモの雪の供給がなくなったとき、議会はさらに調達するために武装した竜騎兵をエトナに派遣した。雪の需要は飽くなきものでした。 1799年に与えられたボールの間に、おそらくバーボン王フェルディナンドと彼の妻、マリアカロライナのために、その生産に11,000ポンドの雪が必要となるほどの量の氷が提供されたと言われています。

シチリア人のアイスクリーム作りにおける何世紀にもわたるスキルと、その結果に対する彼らの永続的な情熱の両方が、多くのシチリア人に明らかです。 ジェラトリー、 またはアイスクリームショップ、昼夜を問わずほぼいつでも。たとえば、パレルモのジェラテリアスタンカンピアーノに足を踏み入れると、48種類の高級ジェラートとシャーベットが夜遅くまで出てきます。特に、午前3時まで外の歩道を散らかし、駐車中のスクーターに寄りかかって、彼らの滴る選択をむさぼり食う。

この種のアイスクリームへの情熱は、氷の保存と使用の集​​合的記憶、または温暖な気候、あるいは単にアイスクリーム自体の美味しさと関係がありますか?パレルモのアパートのすぐ近くにあるジェラート2という店で素晴らしいアイスクリームを作っているアンジェロ・ラ・マティーナと話を始めて初めて、シチリア人と冷凍スイーツを結びつける特別な絆を理解し始めました。

まず第一に、彼は私に言った、シチリア島のジェラートはイタリアの他の地域で見られるものとは違う。ほとんどの本土のアイスクリームとは異なり、シチリアのジェラートには卵やクリームが含まれることはめったにありません。代わりに、crema rinforzataとして知られるベースは、トウモロコシ(または米)でんぷんでとろみをつけたミルクの甘いプリンであるブランマンジェのかなり液体バージョンです。 La Mattinaによると、出来上がったアイスクリームはシャーベットやグラニテよりも「暖かい」感じがしますが、北部の卵よりも軽いです。アイスクリームが長い間生得権と見なされていたが贅沢な卵である地域では、生産するのに安価でした。

シチリア島はおそらく、アラブの征服者と1713年に終わったスペインの支配の約4世紀の両方に、そのクレマリンフォルツァータを負っています。この方法で作られたブランマンジェは、ムハッレビとして知られているアラブ世界で今でも食べられています。イタリア・ルネサンスの料理本ではbiancomangiare alla catalana(ブランマンジェカタロニアスタイル)と呼ばれ、メディチ家の大宴会で雪のゆりかごの中で提供されました。ビアンコマンジェールはシチリア島でも人気があり、牛のミルクまたはアーモンドのミルク(砕いたアーモンドを浸した水)で作られています。

ラマティーナはまた、シチリア人がジェラートを提供するすべての魅力的な方法を思い出させました。お気に入りの朝食は、ジェラートコンブリオッシャです。これは、作りたてのアイスクリーム(または夏にはグラニテ)を少し甘いロールで包んだものです。この目的で使用されるジェラートはスポンジトと呼ばれ、完全に固まるほど長く冷やされることは決してないという事実に、その並外れた食感と滑らかさを負っています。本土の大学から休暇で早朝の電車に到着する私の子供たちにとって、ブリオッシュのヘーゼルナッツジェラートはいつも家の最初の味でした。イタリア北部の友達は、私の娘が言ったように、ジェラートコンブリオッシャを食べるのに苦労しています。それは芸術のようなものです。パンに圧力をかけすぎると、アイスクリームが床に落ちてしまいます。ブリオッシュをスムーズに回転させ、長くゆっくりとアイスクリームをなめることと、パンの端に沿ってニブルを交互に入れる必要があります。目標は最後でも出てくることです。

イベントとしてのアイスクリームの食事は、テーブルでのんびりと食べることを含み、シチリア島では午後または夕方に行われます(ブリオッシュ中毒者は一日中続きますが)。人気のある選択肢は、カップに入ったスポンジトとペッツォデュロ(ハードピース)、固く凍ったアイスクリームのレンガ、ロール、またはボンベのスライスです。パレルモでは、これは、ジャルディネットの一部、砂糖漬けの柑橘類の小さな立方体で覆われたレモンとイチゴのシャーベットの長方形、またはカッサータジェラータのくさび、アイスクリームのいくつかのフレーバーとホイップクリームと柑橘類の混合物を重ねたボンブを意味する場合があります、そしてチョコレートビット。カタニアでは、ペッツォデュロはもっと手の込んだものになる可能性があります。たとえば、シミオーネ(ザバイオーネの中心を持つボンベ)やミストウンベルト(チョコレートアイスクリームの外側にピスタチオとバニラアイスクリームを入れ、スポンジケーキを重ねたもの)などです。とキャンディーチェリー)。

19世紀の高貴な家庭の間で流行していたフランス人シェフの影響は、卵とクリームが豊富な半冷凍アーモンド脆性カスタードのパンであるセミフレッドディマンドルラに今でも見ることができます。高級レストランで人気のこのセミフレッドには通常チョコレートソースが添えられていますが、パレルモではプライベートクラブのサーコロユニオンがビターオレンジの温かいジャムを添えて提供しています。これは外国の獣を飼いならすための真のシチリア風です。

アイスクリームはごく最近、研究と耽溺の対象になりました。誰が知っていますか?古代の記録や家族のアーカイブは、私が長い間疑っていたことをまだ証明しているかもしれません。アイスクリームはイタリア本土ではなくシチリア島で発明されたのです!しかし、シチリア人がアイスクリームを発明したか、それを採用しただけであるかにかかわらず、それを作って楽しむための彼らの天才は生きています。


コーンの前

アイスクリームコーンの前身は確かに1904年よりずっと前に存在していました。人々は何十年もの間、さまざまなコーンのような容器からアイスクリームを食べていました。

1807年にさかのぼると、フィリベールルイデブクールはと呼ばれるエッチングを作成しました カフェフラスカティのインテリアは、レモネードとパンチを楽しんでいるエレガントなパリジャンと並んで、アイスクリームと思われるものが入った奇妙ならせん状の道具を口に持ち上げている女性を示しています。料理の歴史家ロビン・ウィアーは、これがアイスクリームコーンの最初の絵画的証拠であり、彼は正しいかもしれないと主張しています。それは本当に醜いスプーンかもしれません。

19世紀にアイスクリームの人気が高まるにつれ、ロービングベンダーは、円錐形のガラス器具や、悪名高い不衛生な「ペニーリック」(氷が販売された小さな茎のガラス)など、さまざまなカップや容器で街路でアイスクリームを販売し始めました。英国の海岸とロンドンの通りで。

しかし、人々はいつアイスクリームを食用コーンに入れ始めましたか?多くの歴史家は、英国の作家アグネスB.マーシャルのレシピを先駆者として指摘しています。 A.B.夫人マーシャルの料理本 (1887)には、ブランチングされたアーモンドと小麦粉の甘いペーストで作られた円錐形の容器である「Cornets with Cream」の作成手順が含まれています。 「これらのコルネットは、[アイス]クリームやウォーターアイスで満たすこともできます。後者はグラニテのような凍った水の調合を指します」とマーシャルは述べています。「ディナー、ランチ、または夕食に提供されます。」

将来のイノベーターはマーシャル夫人のような高級菓子に触発された可能性がありますが、アイスクリームコーンは、ストリートベンダーが皿やスプーンの使用に伴う破損や衛生上の懸念を回避するための取り組みから発展した可能性が高いようです。

ペニーリックの最も初期の代替案の1つは、1870年代にロンドンの移民ストリートベンダーによって考案された「ホーキーポーキー」でした。英国の雑誌は、ホーキーポーキーを、砂糖とコーンスターチで甘くして濃厚にした、1部の水と2部のミルクのブレンドで作られた「粗い種類のナポリタンアイス」と説明しました。混合物を凍結し、長方形の型にプレスし、スライスにカットして白い紙で包み、ベンダーのカートから販売しました。

数年以内に、イタリアの移民は「ホーキーポーキー」を米国の北東部の都市に持ち込み、そこから広がりました。 1885年、シンシナティエンクワイアラーは、この「斬新な贅沢」の登場を記録しました。 「ピクニックのためだけのものだ」と記者は宣言した。 「スプーンや受け皿は必要ありません。皿洗いも必要ありません。」ここで強調しているのは、ホーキーポーキーの包み紙が使い捨て容器への関心の高まりとその結果としてのクリーンアップの容易さを表しているという考えに信憑性を与えています。

英国と米国の両方で、イタリアの移民が都市のアイスクリーム貿易とその中の革新を支配しました。 1890年代までに、ベンダーはホーキーポーキーの包み紙を86フィート作成し、後の新聞記事で引用されたあるオブザーバーが覚えているように、「2つの正方形の甘くしたウエハースの間に置かれた0.5インチのアイスクリームのスラブ」を作成しました。初期のアイスクリームサンドイッチ。他の人々は、それらのウェーハを食用のコップに変えるために、さまざまな型や装置を実験しました。

1901年、イギリスのマンチェスターに住むイタリア市民のアントニオバルボナは、「アイスクリーム用のビスケットカップを焼くための装置」の特許を申請しました。この装置は、ビスケット(つまりクッキー)の製造に使用されるのと同じ材料で構成された「生地またはペースト」を焼くために設計されており、焼くと、上記のカップまたは皿にアイスクリームを入れることができます。公共の生地や他の場所でアイスクリームの売り手によって売られます。」

翌年、Valvonaはニューヨークのイタリア人移民であるFrank Marchionyと協力して、特許を取得したカップとその中で販売されているアイスクリームを製造するValvona-MarchionyCompanyを設立しました。ヴァルヴォーナは英国で同社の工場を運営し、マルキオニーは最初はマンハッタンのローワーイーストサイドで、次に貿易が拡大するにつれてブルックリンでアメリカの事業を運営しました。

当時の新聞のプロフィールによると、1904年までに、マルキオニーは単独のストリートカートを押すことから「2つの大きなウエハースとアイスクリームの工場」と200台のカートの艦隊を運営するようになりました。しかし、マルキオニーのカートは、いとこのイタロ・マルキオニーのカートを含め、マンハッタンの路上で多くの競争がありました。彼は、ヴァルヴォーナ・マルキオニー・カンパニーで短期間働いていましたが、1903年までにライバルのアイスクリーム会社を設立しました。同年9月、Italo Marchionyは、自身の「アイスクリームカップなどの製造に使用される成形装置」の特許を申請しました。

Italoの革新は、彼の設計により、「成形された物質の繊細さと、成形および金型からの抽出の難しさのために、以前は不可能だった「特に珍しい形状」のビスケットペーストを成形できるようになった」と彼は主張しました。 。」折り畳み式のように閉じたヒンジ付きの上部と下部を備えたValvonaの2つの部分からなる型とは異なり、Italo Marchionyのデバイスは、垂直に持ち上げることができるヒンジ付きの上部と、水平方向にヒンジ付きの2つのブロックで構成される下部の3つの部品で構成されていました。 「ブロックを分離すると、成形された物質の繊細さやパリパリ感にもかかわらず、金型内で形成された物質の回収が容易に許可されるようになりました」と彼の特許出願は説明しました。 Italoの特許出願のイラストは、彼が成形しようとしていた珍しい形を正確に示しています。ビスケット生地で作られた小さな平底のティーカップで、繊細なハンドルが付いています。

そして、それは物事がセントルイス万国博覧会の前夜に立っていた場所です。人々は食用の容器からアイスクリームを食べていましたが、今日誰もがアイスクリームコーンと考えるものは何もありません。


その他の甘いアイスクリームの詳細。

アイスクリームコーンを発明したのは誰ですか?

アイスクリームコーンの最初の外観は、特定するのが少し難しいです。少なくとも1760年代以来、人々はウェーハを「コーン」のようなおやつに丸めてきました。

1825年のフランス料理本では、円錐形に丸めてアイスクリームを出すために使用できる「小さなワッフル」の使用について説明しています。 1888年の英語の料理本には、ウエハースにアーモンドを入れて焼き、クリームを詰めた「コルネット」を作る実際のプロセスが説明されています。

プロの料理人 (1769)ロールウエハースレシピ
(フランス語からの翻訳 Les Soupers de la Cour)

しかし、ほとんどの人は、アイスクリームコーンが主流になった瞬間が1904年のセントルイス万国博覧会に来たことに同意します。アーノルドフォルナチョウという名前のシリアとレバノンのコンセッショネアがアイスクリームブースを経営し、彼が危険なほど紙カップが不足していることに気づきました。必死になって、彼は自分のブースの隣にあるワッフルスタンドの所有者と契約を結びました。

隣接するスタンドが薄すぎるために拒否したワッフルを円錐形に丸め、電鉄でプレスすると、今日のワッフルコーンが誕生しました!

この話は実際の歴史的事実というよりは都市伝説であると示唆する人もいますが、それでもなお、アメリカの意識に残っている最も有名なアイスクリームの話の1つです。

アイスクリームサンデーの歴史

アイスクリームコーンのように、アイスクリームサンデーにはさまざまな相反する裏話があります。ほとんどの人は何 NS アイスクリームソーダが最初に来たという事実に同意します。

1874年、ロバートマッケイグリーンはフィラデルフィアでソーダファウンテンを経営しました。通りのすぐ下に新しくておしゃれなソーダファウンテンが開いた後、グリーンは顧客がもっと戻ってくるようにする方法を探していました。

彼の大きなアイデア、つまりプレーンソーダ水中のバニラアイスクリームは、一夜にして成功しました。間もなく、グリーンはソーダ水に風味を付けるために最大16種類のシロップを提供することでアイデアを拡大し、アイスクリームフロートが誕生しました。しかし、一般的な伝説によると、フィラデルフィアの宗教的に保守的な(当時の)状態では、この飲み物は危険な快楽主義と見なされ、日曜日の安息日には不適切でした。

フィラデルフィアの厳格な「ブルーロー」(日曜日にできることとできないことを規定する法律)は、「主の日」と見なされる日にソーダを提供しないことを決定しました。

その結果、ソーダショップはアイスクリームソーダの販売を開始しました それなし ソーダ。このシロップとアイスクリームの混合物は、宗教政府を怒らせることを避けるためにすぐに名前が変更され、世界はついに最初のサンデーを手に入れました。

これはアイスクリームサンデーの誕生の最も有名な話ですが、それを裏付ける確固たる証拠という形であまり多くはありません。代わりに、ニューヨークのイサカにあるプラット&コルトのソーダファウンテンには説得力のある主張があります。彼らは、チェリーシロップとバニラアイスクリームで作られた最初のアイスクリームサンデーの証拠を印刷しました。

ソフトクリームの歴史

ソフトクリームは、1つの大きな例外を除いて、従来のアイスクリームとほとんど同じ方法で作られています。ソフトクリームでは、冷凍プロセス中に空気がミックスに注入されます。これにより、軽くてやわらかい感触が生まれ、ふわふわと風味が特徴のソフトクリームになります。

ソフトクリームはマーガレットサッチャーによって発明されたものではありません。

ソフトクリームの発明には2つの主な主張があります。アイスクリーム会社のCarvelは、創設者のTom Carvelが、1934年のある日、ラウンドを行っていたときにアイスクリームトラックを故障させたと主張しています。暖かい日だったので、在庫のアイスクリームが溶け始めましたが、記録的な速さで売り切れました!カーベルは、ソフトクリームの方が売れ行きが良いと結論付け、将来的にソフトクリームの製造に取り組み始めました。

他の主要な主張は、デイリークイーンでのカーベルの競合他社から来ています。 According to the soft-serve chain, J. F. McCullough and his son invented the soft serve formula in 1938 and sold out within two hours of debuting their product.

Another interesting – though dubious – claim comes from across the Atlantic.

Future UK Prime Minister Margaret Thatcher is often erroneously cited as having invented soft-serve ice cream in the 1940s. However, even though Thatcher's work as a chemist for a major food producer is well-documented, this is just a myth.

Interesting Ice Cream Around the World

Nearly every country today has its unique variation on the internationally beloved ice cream. While the basic idea is the same, each version's differences reflect the local tastes and preferences.

In Italy, gelato has a lower fat content and much less air, which creates a smooth, dense texture with a creamy taste. Similarly, in India, kulfi is made by reducing the amount of milk to create a creamy ice cream variation so thick that it can be served like a popsicle!

Mochi is quickly growing in popularity around the world, but it got its start in Japan as a small ball of ice cream wrapped in a sheet of rice flour dough. In Thailand, i tim pad is a thinly rolled type of ice cream that got its start as a popular street vendor treat, but is increasingly common in the US as well.

In Turkey, dondurma is a variation on ice cream that includes whipped cream and ground orchid tubers. Pagoto, in Greece, is sort of a mixture between gelato and dondurma, which makes a lot of sense given where Greece falls between Italy and Turkey.

Finally, in Germany, vanilla ice cream is extruded through a pasta maker, topped with strawberry sauce, and garnished with chopped nuts or white chocolate to look like a plate of spaghetti with Parmesan cheese on top!

No matter where you hail from, ice cream and its many variations are some of the most beloved treats worldwide!

Chocolate is America's favorite ice cream flavor

Modern Ice Cream

Today, there's no question that ice cream is the most internationally beloved treat in the world.

In the United States alone, 1.53 十億 gallons of ice cream are produced every year. The average American eats around 22 pounds of ice cream a year, and that number doesn't seem to be getting smaller any time soon.

According to a recent poll, the most popular ice cream flavor is chocolate. Vanilla comes in second place, followed closely by classic flavors like cookies n' cream, mint chocolate chip, rocky road, and cake batter. The most popular topping is hot fudge, with nuts, chocolate syrup, Oreo cookie crumbles, and sprinkles listed after.

Perhaps the biggest challenge to the icy throne is frozen yogurt. Between 2008 and 2009, the number of frozen yogurt shops in the United States more than doubled, while ice cream consumption nationwide dipped ever so slightly.

Wisconsin is the largest consumer of ice cream in the US, but the residents of Long Beach, California place first in their love of the frozen treat.


Treat fit for a polar bear

Yes, it's ice cream! When Tonja the polar bear dives into her pool at the Berlin Zoo during the heat, her caretakers sometimes add a special treat - an ice cream weighing 10 kilos! What looks like yoghurt with fruit is likely to contain a herring or two. Some zoo animals are given special chilled treats because they enjoy them just as much as humans do.

1. Who invented ice cream?

Stracciatella! Fior di latte! Amarena! Italian ice cream - gelato - enjoys the reputation of being the world's best. After all, the Italians invented ice cream - or that's at least what most people are likely to think. But that's not the whole truth.

The icy temptation was actually invented by the Chinese some 5,000 years ago. The question is: How did they manage to keep it ice cold? They collected snow from the mountains in huge containers and then kept it cool in holes in the ground. According to tradition, honey, wine, fruit and spices were added to the mixture. The ancient water-based ice cream was more of a sorbet.

Some 1,500 years later, the Chinese discovered that liquids could be cooled down by adding salpeter. The discovery ended the practice of collecting snow for this purpose.

The Romans also appreciated sorbet, which they produced in a similar fashion by collecting snow from the Alps. Runners brought the precious good into Roman palaces at high speed so that it wouldn't melt away on the way. Emperor Nero is said to have loved lemon sorbet enriched with squashed raspberries and rose water.

This is roughly what sorbet may have looked like in ancient Rome

In the 13th century, the Venetian traveler Marco Polo introduced Asian ice cream recipes in Europe. Starting from Venice, they became known across the continent - which is why many people believe that ice cream was originally an Italian invention.

2. What are Venezia, Dolomiti and Cortina?

Ice cream parlors in Germany have a myriad of exotic names, with "Venezia," "Cortina" and "Dolomiti" being the most widespread. The popularity of "Venezia" is probably due to the fact that Venice was Marco Polo's hometown. "Cortina" is a short version of the Italian ski resort Cortina d'Ampezzo located in the "Dolomiti," the Dolomites. In fact, Germany's first generation of Italian ice cream makers came from the Dolomites.

Nowadays, more and more ice cream parlors without Italian roots are opening in Germany, offering a new selection including things like vegan ice cream or organic cones. These kind of shops often have fancy names like "I am Love" (Bochum), "Eismanufaktur Berlin" ('ice cream factory'), "Eiswerk" (Hamburg) or "Keiserlich" (Cologne).

3. What is the connection between ice cream parlors and soccer?

In June 2017, an ice cream parlor was opened in Cologne whose name doesn't really sound Italian: Ice Cream United. More than 2,000 people came on opening day to get an ice cream for free - because it was handed out by German soccer star Lukas Podolski. The former national team player lives in the city on the Rhine River. Together with Italian friends and ice cream experts, he opened this special ice cream parlor in a trendy Cologne district.

German soccer star Lukas Podolski opened his own ice cream parlor in Cologne

What's so special about the ice cream is not only its initiator, but also its production: Both the ice cream and the cones are freshly produced by the parlor. No wonder that it's considered "incredibly yummy," as Podolski puts it. Customers can choose from 12 tasty flavors. Much to the dismay of soccer fans, "Poldi" himself will not be visiting his parlor much in the future, since he is about to move to Japan, where he signed a contract with the soccer club Vissel Kobe.

4. Tell me what your favorite ice cream is, and I'll tell you who you are.

Some people have tried to associate ice cream preferences with particular character traits, and have even created so-called ice cream horoscopes.

According to that "science," vanilla ice cream buffs are down-to-earth and reliable, they don't quickly lose their temper, and are able to keep secrets. Strawberry ice cream fans, however, are hard-working and wise.

If one partner prefers strawberry ice cream, and the other one lemon, their relationship can be expected to last. But if one partner goes for chocolate ice cream, and the other for mocca, they simply don't match. That, of course, has nothing to do with the content of one single cone, since all of us have multifaceted personalities.

5. Neapolitan ice cream is called 'Fürst-Pückler-Eis' in Germany.

These icy creations were a hit during Prussian times and are still enjoyed today

Prince ("Fürst") Hermann von Pückler-Muskau was not only a famous garden designer and a passionate traveler, but also an eccentric gourmet who enjoyed dining for hours. Although he wasn't rich, he only chose the very best ingredients for his meals. He particularly appreciated the creations of the cook at the Prussian royal court. One day, this cook created a heavenly dessert consisting of frozen cream, sugar and fruit.

Prince Pückler was so thrilled with the cold treat that it was given his name. Nowadays, a so-called "Fürst-Pückler-Eis" is a mixture of strawberry, vanilla and chocolate ice cream containing a lot of cream. Thanks to its high fat content, the mixture keeps its creamy consistency. It's sold as an ice cream pie that can be cut into slices or inserted into an ice cream sandwich.

6. What's the most extravagant ice cream flavor?

Vanilla, chocolate or strawberry ice cream can seem quite boring when compared with other, more extravagant creations. Even the little chocolate pieces in stracciatella ice cream are boring when you can also get caramel-fleur-de-sel, chili chocolate, strawberry cheesecake, orange basil, or yoghurt cucumber.

There are no limits to the creation of new kinds of ice cream, as flavors like pear with grappa and parmesan show. The Munich-based ice cream maker Matthias Münz even offers ice cream made with Bavarian veal sausage and brown ale.

Obviously, customers find just about anything that somehow goes together tasty - even ice cream containing gold. Is that supposed to enhance the taste? Well, Cleopatra is said to have drunk wine made of pearls.

Trendy new cool creations come out every summer

7. Which flavors do Germans prefer - and how much ice cream do they consume?

Germans devour roughly eight liters of ice cream per person per year - that translates into 113 ice cream scoops each. But the Germans are outdone by the Norwegians who eat twice as much.

According to the association of Italian ice cream makers (UNITEIS), Germans are loyal to classic flavors such as vanilla, chocolate, strawberry and stracciatella, followed by yoghurt, latte macchiato, lemon, hazelnut, raspberry and cherry cream. Other lists also rank more exotic flavors like mango or pistachio among the top 10 favorites. The latter was even chosen as the ice cream flavor of the year in 2016.

8. How were popsicles invented?

German folk singer Heino wrote a song called "Ice in the Sunshine," which was used to celebrate the 80s anniversary of producer Langnese

Some kinds of popsicles have attained cult status in Germany, among them "Capri," "Calippo," "Split," "Nogger," "Dolomiti," "Brauner Bär," "Ed von Schleck," and "Flutschfinger." The popsicle was discovered incidentally by a boy while he was preparing lemonade. He stirred the liquid with a little wooden stick and put it into the freezer with the stick. The next day, the liquid was frozen - with the stick in the middle. the popsicle was born.

9. What are the ingredients of ice cream?

The basic recipe for ice cream consists of sugar, milk and cream, whereas sorbets contains sugar, water and fruit. Let's be honest - with all that fat and sugar, ice cream cannot really be considered part of a healthy idet. A scoop typically contains around 120 calors, while a scoop of sorbet weighs in at just 50 calories.

Ice cream (and sorbet) can also be known to cause a brain freeze. But that's not such a bad thing, since that causes our mouths to clamp up, so we eat less of the delicious sweet stuff - and avoid breaking our belts.

Click through the Spotify playlist below for 20 songs dedicated to ice cream - from AC/DC and Klangkarussell to Paolo Conte and Bürger Lars Dietrich: