新しいレシピ

パスティス:南フランスのソウルドリンク

パスティス:南フランスのソウルドリンク


プラタナスの木陰にある屋外カフェで、エスプレッソとグラス1杯のパスティスを交互に飲みながらルフィガロまたはインターナショナルヘラルドトリビューンを読みながら、午前中に少なくとも1回は長居せずに、南フランスに行くことはできません。

パスティスは、わずか80年前の1932年に発明されたにもかかわらず、その文化的DNAの一部であるフランスの地中海の「魂の飲み物」だと思います。

それで私は数週間前にオロザックのCafédelaPosteで、晴れた市場の日に2人の同乗者と一緒にいることに気づきました。 キャロライン、3ベッドルームのはしけホテル プレジャークルーズを提供します ミディ運河沿いのカルカソンヌとベジエの間。私たちは町の広場を散歩し、何十もの農産物売り場が並ぶ曲がりくねった脇道を散歩しました。 キャロラインの オーナー、キャプテン、ツアーガイドのウリウェーバーは、後で船上でごちそうするためにチーズとソーセージ、完熟トマトを選びます。それから私たちは朝刊を買うための新聞売り場があったとてもにぎやかな通りに出てきました、そしてそれから田舎の池の向こう側のユリのパッドのように広い歩道を横切って散らばっている十数か二つの丸いテーブルのあるカフェ。場所は混雑していましたが、木の陰にテーブルがあり、書類を広げて、ラポステの緑の市松模様のファサードを賞賛しました。

私たちは偶然にそこで起こったのですが、後でウェブ上で人気のあるLaPosteの地元に関する投稿を見つけました。 「先月、オロザックのカフェデラポステで無料のwifiを使用していました」とElaineは次のように書いています。 オードフランス。 「私は今、バーを私のオフィスと考えています。実際、今月はこれまでの人生よりもバーで過ごした時間が多かったと思います。」おそらくエレインと彼女のwifiの友達はその朝そこにいました。すぐにウェイトレスが現れ、数分後、エスプレッソとパスティスが私の前にありました。まだ朝だったので、パスティスのショットを半分くらいに薄め、冷たい水で燃えるような液体をクリーミーな白に変えました。私はすすりました。適度な量の軽く冷やしたアニスフレーバーと、単なるカフェインでは決して再現できないわずかなアルコールのブレース。

パスティスは、アニスと甘草で味付けされた多くの地中海の飲み物の1つであり、フランスや他のほとんどの国で人々を狂ったことをするように駆り立てたとして禁止されていた、同じくアニス風味のよもぎ入りアブサンの代わりになりました。今だけする ジェリー・スプリンガー。そのため、ポールリカール(ペルノリカールスピリッツコングロマリットのリカール部分)は1932年にパスティスを発明し、それ以来、南フランスは通常冷水で氷を使わずにパスティスを飲んでいます。

30分後、リフレッシュして世界のニュースに追いついた後、私たちは数キロ離れた係留場所に戻り、ミディ運河に浮かんでいました。南フランスの味が今も残っています。口蓋。


パスティス:南フランスのソウルドリンク-レシピ

マノスアンジェラキスによる物語とパリの写真
その他の写真は、RaoulBeltrameおよびCrillonImporters、Ltdの厚意により提供されています。

最近、とても楽しい過去からの爆発が私たちのオフィスに届けられました。

私の父によると、私のミスペントの主力であった、または私によると、若者の非常によく使われた2つのアルコール飲料の非常に良い思い出があります。

パスティスは、&#821660年代半ばにパリに住んでいたときに私が好んだ飲み物でした。パスティスは、フランスのすべてのバーとビストロで提供されており、その味のほとんどはスターアニスから得られます。ウーゾやアラックに似た食前酒として使用されますが、スターアニスを含む多くのハーブのブレンドからの蒸留物です。そして甘草が優勢であるため、実際にはウーゾよりもアブサンのような味がします。

私の他の好きな飲​​み物はラム酒です。非常に遅い&#821670年代、早い&#821680年代に、私はハイチのポルトープランスにある5つ星ホテルであるHabitationLeclercを何度も訪れました。居住地は、島のいわゆる「シャンパンの過去」の一部でした。当時ニューヨーク市で有名なディスコであったカバの所有者であり「儀式の達人」であるオリビエコケリンが、2つを建設することを決定しました。島のスーパーデラックスホテル上記のハビテーションルクレールは、ポルトープランスの中心近くにある壁に囲まれた非常に大きな植物園内の多数のスイミングプールの周りに建てられたスイートのグループと、プティゴアーブのルルレドゥL&#8217皇帝で構成されています、ハイチの海岸にある人里離れた入り江。どちらの施設も国際的なジェットセットのクリーム・ド・ラ・クリームをホストしており、ラム・バーバンコート保護区は両方の代表的な飲み物でした。

サンプルボトルは、久しぶりのCrillon Importers、Ltd。からお届けしました。 Crillonは、米国市場へのAbsolutウォッカの紹介と、Stolichnaya Cristall Vodka、Grand Marnier、Bombay Gin、Bombay Sapphire Ginのマーケティングと流通の背後にいる個人であり、アブサンを消費した人物であるMichel P.Rouxによって設立されました。 2001年に米国で再び合法。

昨年、クリヨンはフランス最古の蒸留所の1つであるDistilleries et Domaines de Provenceに買収され、現在では次のような著名なアルコール飲料を輸入および販売しています。

アンリバルドゥアンパスティス 65の植物とスパイスのブレンドから作られた&#8220Grand Cru&#8221。

ラムバーバンコート 、ハイチ。 1862年にDupre&#8217 Barbancourtによって設立されました。彼はフランスのシャラントのコニャック生産地域から島に移住し、ポルトープランスの近くにラム酒蒸留所を設立しました。 Crillonは、Barbancourtの4つの表現をインポートします。白、3歳、8歳、および15年の不動産保護区です。白は蒸留後ステンレス鋼で保存され、3年、8年、15年はフランス産の白いリムジンオークバリックでソレラスタイルの熟成で熟成されたオークは見られません。以前は、ハリケーン、フローズンダキリス、ピニャコラーダ、キューバリブレのカクテルベースとして、白と3歳を使用していました。8歳はカクテルまたはラム酒として使用され、15歳は間違いなく与えられました。熟成したスコットランドのシングルモルトと同じように、冷たい水をかけたり、角氷を1つだけ飲んだりします。

パンゴラム は、同じくバーバンコートによって作られた熟成ラム酒で、パイナップルとマンゴーで味付けされており、甘くフルーティーで、スパイスのヒントと短い温かみのある後味があります。

マゼランジン、 フェルディナンドデマゼランの世界旅行に触発された、フランスで少量ずつ手作りされた超プレミアムな青い色のジンです。

アブサン 。 3つの表現:Grande Absente、Absente Refined、Absente Ordinaireはすべて、1世紀前と同じ成分、よもぎ、アニス、香油、ミント、フェンネルを使用して手作りされています。アブサンは、トゥールーズロートレックやフィンセントファンゴッホがアブサンスプーンに角砂糖を置いてアブサンに浸すか、サゼラックやモヒート。

RinQuinQuin (&#8220ran-can-can&#8221と発音)プロヴァンスで蒸留された、軽くて伝統的なピーチアペリティフ。 RinQuinQuinは、地元の甘い桃とその葉を中性スピリッツに注入することから始まります。その後、白ワイン、柑橘類のエッセンシャルオイル、砂糖と混ぜ合わせます。その結果、フルーティーなフレーバーが溢れるまろやかな食前酒になります。角氷を数個入れてまっすぐに飲むことも、カクテルとして飲むこともでき、オレンジジュースでファジーネーブルを作ることができます。

ついに ファリゴール 。ファリゴールは、プロヴァンスのワイルドタイム、バーベナ、アンジェリカのハーブの香りを組み合わせ、味わいにかなりの長さを与え、さわやかな後味と印象的なフレーバーを与えます。

私たちのオフィスに届けられたサンプルは、パスティス、8歳のバーバンコート、そしてRinQuinQuinでした。それで、私は夕方を始めるためにパスティスのグラスと夕食後のコーヒーと一緒にバーバンコートのショットを持っていました。そして、彼らは確かにパリとハイチでの私の若い頃からの懐かしい思い出を持ち帰りました。


パスティス:南フランスのソウルドリンク-レシピ

マノスアンジェラキスによる物語とパリの写真
その他の写真は、RaoulBeltrameおよびCrillonImporters、Ltdの厚意により提供されています。

最近、とても楽しい過去からの爆発が私たちのオフィスに届けられました。

私の父によると、私のミスペントの主力であった、または私によると、若者の非常によく使われた2つのアルコール飲料の非常に良い思い出があります。

パスティスは、&#821660年代半ばにパリに住んでいたときに私が好んだ飲み物でした。パスティスは、フランスのすべてのバーとビストロで提供されており、その味のほとんどはスターアニスから得られます。ウーゾやアラックに似た食前酒として使用されますが、スターアニスを含む多くのハーブのブレンドからの蒸留物です。そして甘草が優勢であるため、実際にはウーゾよりもアブサンのような味がします。

私の他の好きな飲​​み物はラム酒です。非常に遅い&#821670年代、早い&#821680年代に、私はハイチのポルトープランスにある5つ星ホテルであるHabitationLeclercを何度も訪れました。居住地は、島のいわゆる「シャンパンの過去」の一部でした。当時ニューヨーク市で有名なディスコであったカバの所有者であり「儀式の達人」であるオリビエコケリンが、2つを建設することを決定しました。島のスーパーデラックスホテル上記のハビテーションルクレールは、ポルトープランスの中心近くにある壁に囲まれた非常に大きな植物園内の多数のスイミングプールの周りに建てられたスイートのグループと、プティゴアーブのルルレドゥL&#8217皇帝で構成されています、ハイチの海岸にある人里離れた入り江。どちらの施設も国際的なジェットセットのクリーム・ド・ラ・クリームをホストしており、ラム・バーバンコート保護区は両方の代表的な飲み物でした。

サンプルボトルは、久しぶりのCrillon Importers、Ltd。からお届けしました。 Crillonは、米国市場へのAbsolutウォッカの紹介と、Stolichnaya Cristall Vodka、Grand Marnier、Bombay Gin、Bombay Sapphire Ginのマーケティングと流通の背後にいる個人であり、アブサンを消費した人物であるMichel P.Rouxによって設立されました。 2001年に米国で再び合法。

昨年、クリヨンはフランス最古の蒸留所の1つであるDistilleries et Domaines de Provenceに買収され、現在では次のような著名なアルコール飲料を輸入および販売しています。

アンリバルドゥアンパスティス 65の植物とスパイスのブレンドから作られた&#8220Grand Cru&#8221。

ラムバーバンコート 、ハイチ。 1862年にフランスのシャラントのコニャック産地から島に移住し、ポルトープランスの近くにラム酒蒸留所を設立したデュプレ&#8217バーバンコートによって設立されました。 Crillonは、Barbancourtの4つの表現をインポートします。白、3歳、8歳、および15年の不動産保護区です。白は蒸留後ステンレス鋼で保存され、3年、8年、15年はフランス産の白いリムジンオークバリックでソレラスタイルの熟成で熟成されたオークは見られません。以前は、ハリケーン、フローズンダキリス、ピニャコラーダ、キューバリブレのカクテルベースとして、白と3歳を使用していました。8歳はカクテルまたはラム酒として使用され、15歳は間違いなく与えられました。熟成したスコットランドのシングルモルトと同じように、冷たい水をかけたり、角氷を1つだけ飲んだりします。

パンゴラム は、同じくバーバンコートによって作られた熟成ラム酒で、パイナップルとマンゴーで味付けされており、甘くフルーティーで、スパイスのヒントと短い温かみのある後味があります。

マゼランジン、 フェルディナンドデマゼランの世界旅行に触発された、フランスで少量ずつ手作りされた超プレミアムな青い色のジンです。

アブサン 。 3つの表現:Grande Absente、Absente Refined、Absente Ordinaireはすべて、1世紀前と同じ成分、よもぎ、アニス、香油、ミント、フェンネルを使用して手作りされています。アブサンは、トゥールーズロートレックやフィンセントファンゴッホがアブサンスプーンに角砂糖を置いてアブサンに浸すか、サゼラックやモヒート。

RinQuinQuin (&#8220ran-can-can&#8221と発音)プロヴァンスで蒸留された、軽くて伝統的なピーチアペリティフ。 RinQuinQuinは、地元の甘い桃とその葉を中性スピリッツに注入することから始まります。その後、白ワイン、柑橘類のエッセンシャルオイル、砂糖と混ぜ合わせます。その結果、フルーティーなフレーバーが溢れるまろやかな食前酒になります。角氷を数個入れてまっすぐに飲むことも、カクテルとして飲むこともでき、オレンジジュースでファジーネーブルを作ることができます。

ついに ファリゴール 。ファリゴールは、プロヴァンスのワイルドタイム、バーベナ、アンジェリカのハーブの香りを組み合わせ、味わいにかなりの長さを与え、さわやかな後味と印象的なフレーバーを与えます。

私たちのオフィスに届けられたサンプルは、パスティス、8歳のバーバンコート、そしてRinQuinQuinでした。それで、私は夕方を始めるためにパスティスのグラスと夕食後のコーヒーと一緒にバーバンコートのショットを持っていました。そして、彼らは確かにパリとハイチでの私の若い頃からの懐かしい思い出を持ち帰りました。


パスティス:南フランスのソウルドリンク-レシピ

マノスアンジェラキスによる物語とパリの写真
その他の写真は、RaoulBeltrameおよびCrillonImporters、Ltdの厚意により提供されています。

最近、とても楽しい過去からの爆発が私たちのオフィスに届けられました。

私の父によると、私のミスペントの主力であった、または私によると、若者の非常によく使われた2つのアルコール飲料の非常に良い思い出があります。

パスティスは、&#821660年代半ばにパリに住んでいたときに私が好んだ飲み物でした。パスティスは、フランスのすべてのバーとビストロで提供されており、その味のほとんどはスターアニスから得られます。ウーゾやアラックに似た食前酒として使用されますが、スターアニスを含む多くのハーブのブレンドからの蒸留物です。そして甘草が優勢であるため、実際にはウーゾよりもアブサンのような味がします。

私の他の好きな飲​​み物はラム酒です。非常に遅い&#821670年代、早い&#821680年代に、私はハイチのポルトープランスにある5つ星ホテルであるHabitationLeclercを何度も訪れました。居住地は、島のいわゆる「シャンパンの過去」の一部でした。当時ニューヨーク市で有名なディスコであったカバの所有者であり「儀式の達人」であるオリビエコケリンが、2つを建設することを決定しました。島のスーパーデラックスホテル上記のハビテーションルクレールは、ポルトープランスの中心近くにある壁に囲まれた非常に大きな植物園内の多数のスイミングプールの周りに建てられたスイートのグループと、プティゴアーブのルルレドゥL&#8217皇帝で構成されています、ハイチの海岸にある人里離れた入り江。どちらの施設も国際的なジェットセットのクリーム・ド・ラ・クリームをホストしており、ラム・バーバンコート保護区は両方の代表的な飲み物でした。

サンプルボトルは、久しぶりのCrillon Importers、Ltd。からお届けしました。 Crillonは、米国市場へのAbsolutウォッカの紹介と、Stolichnaya Cristall Vodka、Grand Marnier、Bombay Gin、Bombay Sapphire Ginのマーケティングと流通の背後にいる個人であり、アブサンを消費した人物であるMichel P.Rouxによって設立されました。 2001年に米国で再び合法。

昨年、クリヨンはフランス最古の蒸留所の1つであるDistilleries et Domaines de Provenceに買収され、現在では次のような著名なアルコール飲料を輸入および販売しています。

アンリバルドゥアンパスティス 65の植物とスパイスのブレンドから作られた&#8220Grand Cru&#8221。

ラムバーバンコート 、ハイチ。 1862年にDupre&#8217 Barbancourtによって設立されました。彼はフランスのシャラントのコニャック生産地域から島に移住し、ポルトープランスの近くにラム酒蒸留所を設立しました。 Crillonは、Barbancourtの4つの表現をインポートします。白、3歳、8歳、および15年の不動産保護区です。白は蒸留後ステンレス鋼で保存され、3年、8年、15年はフランス産の白いリムジンオークバリックでソレラスタイルの熟成で熟成されたオークは見られません。以前は、ハリケーン、フローズンダキリス、ピニャコラーダ、キューバリブレのカクテルベースとして、白と3歳を使用していました。8歳はカクテルまたはラム酒として使用され、15歳は間違いなく与えられました。熟成したスコットランドのシングルモルトと同じように、冷たい水をかけたり、角氷を1つだけ飲んだりします。

パンゴラム は、同じくバーバンコートによって作られた熟成ラム酒で、パイナップルとマンゴーで味付けされており、甘くフルーティーで、スパイスのヒントと短い温かみのある後味があります。

マゼランジン、 フェルディナンドデマゼランの世界旅行に触発された、フランスで少量ずつ手作りされた超プレミアムな青い色のジンです。

アブサン 。 3つの表現:Grande Absente、Absente Refined、Absente Ordinaireはすべて、1世紀前と同じ成分、よもぎ、アニス、香油、ミント、フェンネルを使用して手作りされています。アブサンは、トゥールーズロートレックやフィンセントファンゴッホがアブサンスプーンに角砂糖を置いてアブサンに浸すか、サゼラックやモヒート。

RinQuinQuin (&#8220ran-can-can&#8221と発音)プロヴァンスで蒸留された、軽くて伝統的なピーチアペリティフ。 RinQuinQuinは、地元の甘い桃とその葉を中性スピリッツに注入することから始まります。その後、白ワイン、柑橘類のエッセンシャルオイル、砂糖と混ぜ合わせます。その結果、フルーティーなフレーバーが溢れるまろやかな食前酒になります。角氷を数個入れてまっすぐに飲むことも、カクテルとして飲むこともでき、オレンジジュースでファジーネーブルを作ることができます。

ついに ファリゴール 。ファリゴールは、プロヴァンスのワイルドタイム、バーベナ、アンジェリカのハーブの香りを組み合わせ、味わいにかなりの長さを与え、さわやかな後味と印象的なフレーバーを与えます。

私たちのオフィスに届けられたサンプルは、パスティス、8歳のバーバンコート、そしてRinQuinQuinでした。それで、私は夕方を始めるためにパスティスのグラスと夕食後のコーヒーと一緒にバーバンコートのショットを持っていました。そして、彼らは確かにパリとハイチでの私の若い頃からの懐かしい思い出を持ち帰りました。


パスティス:南フランスのソウルドリンク-レシピ

マノスアンジェラキスによる物語とパリの写真
その他の写真は、RaoulBeltrameおよびCrillonImporters、Ltdの厚意により提供されています。

最近、とても楽しい過去からの爆発が私たちのオフィスに届けられました。

私の父によると、私のミスペントの主力であった、または私によると、若者の非常によく使われた2つのアルコール飲料の非常に良い思い出があります。

パスティスは、&#821660年代半ばにパリに住んでいたときに私が好んだ飲み物でした。パスティスは、フランスのすべてのバーとビストロで提供されており、その味のほとんどはスターアニスから得られます。ウーゾやアラックに似た食前酒として使用されますが、スターアニスを含む多くのハーブのブレンドからの蒸留物です。そして甘草が優勢であるため、実際にはウーゾよりもアブサンのような味がします。

私の他の好きな飲​​み物はラム酒です。非常に遅い&#821670年代、早い&#821680年代に、私はハイチのポルトープランスにある5つ星ホテルであるHabitationLeclercを何度も訪れました。居住地は、島のいわゆる「シャンパンの過去」の一部でした。当時ニューヨーク市で有名なディスコであったカバの所有者であり「儀式の達人」であるオリビエコケリンが、2つを建設することを決定しました。島のスーパーデラックスホテル上記のハビテーションルクレールは、ポルトープランスの中心近くにある壁に囲まれた非常に大きな植物園内の多数のスイミングプールの周りに建てられたスイートのグループと、プティゴアーブのルルレドゥL&#8217皇帝で構成されています、ハイチの海岸にある人里離れた入り江。どちらの施設も国際的なジェットセットのクリーム・ド・ラ・クリームをホストしており、ラム・バーバンコート保護区は両方の代表的な飲み物でした。

サンプルボトルは、久しぶりのCrillon Importers、Ltd。からお届けしました。 Crillonは、米国市場へのAbsolutウォッカの紹介と、Stolichnaya Cristall Vodka、Grand Marnier、Bombay Gin、Bombay Sapphire Ginのマーケティングと流通の背後にいる個人であり、アブサンを消費した人物であるMichel P.Rouxによって設立されました。 2001年に米国で再び合法。

昨年、クリヨンはフランス最古の蒸留所の1つであるDistilleries et Domaines de Provenceに買収され、現在では次のような著名なアルコール飲料を輸入および販売しています。

アンリバルドゥアンパスティス 65の植物とスパイスのブレンドから作られた&#8220Grand Cru&#8221。

ラムバーバンコート 、ハイチ。 1862年にDupre&#8217 Barbancourtによって設立されました。彼はフランスのシャラントのコニャック生産地域から島に移住し、ポルトープランスの近くにラム酒蒸留所を設立しました。 Crillonは、Barbancourtの4つの表現をインポートします。白、3歳、8歳、および15年の不動産保護区です。白は蒸留後ステンレス鋼で保存され、3年、8年、15年はフランス産の白いリムジンオークバリックでソレラスタイルの熟成で熟成されたオークは見られません。以前は、ハリケーン、フローズンダキリス、ピニャコラーダ、キューバリブレのカクテルベースとして、白と3歳を使用していました。8歳はカクテルまたはラム酒として使用され、15歳は間違いなく与えられました。熟成したスコットランドのシングルモルトと同じように、冷たい水をかけたり、角氷を1つだけ飲んだりします。

パンゴラム は、同じくバーバンコートによって作られた熟成ラム酒で、パイナップルとマンゴーで味付けされており、甘くフルーティーで、スパイスのヒントと短い温かみのある後味があります。

マゼランジン、 フェルディナンドデマゼランの世界旅行に触発された、フランスで少量ずつ手作りされた超プレミアムな青い色のジンです。

アブサン 。 3つの表現:Grande Absente、Absente Refined、Absente Ordinaireはすべて、1世紀前と同じ成分、よもぎ、アニス、香油、ミント、フェンネルを使用して手作りされています。アブサンは、トゥールーズロートレックやフィンセントファンゴッホがアブサンスプーンに角砂糖を置いてアブサンに浸すか、サゼラックやモヒート。

RinQuinQuin (&#8220ran-can-can&#8221と発音)プロヴァンスで蒸留された、軽くて伝統的なピーチアペリティフ。 RinQuinQuinは、地元の甘い桃とその葉を中性スピリッツに注入することから始まります。その後、白ワイン、柑橘類のエッセンシャルオイル、砂糖と混ぜ合わせます。その結果、フルーティーなフレーバーが溢れるまろやかな食前酒になります。角氷を数個入れてまっすぐに飲むことも、カクテルとして飲むこともでき、オレンジジュースでファジーネーブルを作ることができます。

ついに ファリゴール 。ファリゴールは、プロヴァンスのワイルドタイム、バーベナ、アンジェリカのハーブの香りを組み合わせ、味わいにかなりの長さを与え、さわやかな後味と印象的なフレーバーを与えます。

私たちのオフィスに届けられたサンプルは、パスティス、8歳のバーバンコート、そしてRinQuinQuinでした。それで、私は夕方を始めるためにパスティスのグラスと夕食後のコーヒーと一緒にバーバンコートのショットを持っていました。そして、彼らは確かにパリとハイチでの私の若い頃からの懐かしい思い出を持ち帰りました。


パスティス:南フランスのソウルドリンク-レシピ

マノスアンジェラキスによる物語とパリの写真
その他の写真は、RaoulBeltrameおよびCrillonImporters、Ltdの厚意により提供されています。

最近、とても楽しい過去からの爆発が私たちのオフィスに届けられました。

私の父によると、私のミスペントの主力であった、または私によると、若者の非常によく使われた2つのアルコール飲料の非常に良い思い出があります。

パスティスは、&#821660年代半ばにパリに住んでいたときに私が好んだ飲み物でした。パスティスは、フランスのすべてのバーとビストロで提供されており、その味のほとんどはスターアニスから得られます。ウーゾやアラックに似た食前酒として使用されますが、スターアニスを含む多くのハーブのブレンドからの蒸留物です。そして甘草が優勢であるため、実際にはウーゾよりもアブサンのような味がします。

私の他の好きな飲​​み物はラム酒です。非常に遅い&#821670年代、早い&#821680年代に、私はハイチのポルトープランスにある5つ星ホテルであるHabitationLeclercを何度も訪れました。居住地は、島のいわゆる「シャンパンの過去」の一部でした。当時ニューヨーク市で有名なディスコであったカバの所有者であり「儀式の達人」であるオリビエコケリンが、2つを建設することを決定しました。島のスーパーデラックスホテル上記のハビテーションルクレールは、ポルトープランスの中心近くにある壁に囲まれた非常に大きな植物園内の多数のスイミングプールの周りに建てられたスイートのグループと、プティゴアーブのルルレドゥL&#8217皇帝で構成されています、ハイチの海岸にある人里離れた入り江。どちらの施設も国際的なジェットセットのクリーム・ド・ラ・クリームをホストしており、ラム・バーバンコート保護区は両方の代表的な飲み物でした。

サンプルボトルは、久しぶりのCrillon Importers、Ltd。からお届けしました。 Crillonは、米国市場へのAbsolutウォッカの紹介と、Stolichnaya Cristall Vodka、Grand Marnier、Bombay Gin、Bombay Sapphire Ginのマーケティングと流通の背後にいる個人であり、アブサンを消費した人物であるMichel P.Rouxによって設立されました。 2001年に米国で再び合法。

昨年、クリヨンはフランス最古の蒸留所の1つであるDistilleries et Domaines de Provenceに買収され、現在では次のような著名なアルコール飲料を輸入および販売しています。

アンリバルドゥアンパスティス 65の植物とスパイスのブレンドから作られた&#8220Grand Cru&#8221。

ラムバーバンコート 、ハイチ。 1862年にDupre&#8217 Barbancourtによって設立されました。彼はフランスのシャラントのコニャック生産地域から島に移住し、ポルトープランスの近くにラム酒蒸留所を設立しました。 Crillonは、Barbancourtの4つの表現をインポートします。白、3歳、8歳、および15年の不動産保護区です。白は蒸留後ステンレス鋼で保存され、3年、8年、15年はフランス産の白いリムジンオークバリックでソレラスタイルの熟成で熟成されたオークは見られません。以前は、ハリケーン、フローズンダキリス、ピニャコラーダ、キューバリブレのカクテルベースとして、白と3歳を使用していました。8歳はカクテルまたはラム酒として使用され、15歳は間違いなく与えられました。熟成したスコットランドのシングルモルトと同じように、冷たい水をかけたり、角氷を1つだけ飲んだりします。

パンゴラム は、同じくバーバンコートによって作られた熟成ラム酒で、パイナップルとマンゴーで味付けされており、甘くフルーティーで、スパイスのヒントと短い温かみのある後味があります。

マゼランジン、 フェルディナンドデマゼランの世界旅行に触発された、フランスで少量ずつ手作りされた超プレミアムな青い色のジンです。

アブサン 。 3つの表現:Grande Absente、Absente Refined、Absente Ordinaireはすべて、1世紀前と同じ成分、よもぎ、アニス、香油、ミント、フェンネルを使用して手作りされています。アブサンは、トゥールーズロートレックやフィンセントファンゴッホがアブサンスプーンに角砂糖を置いてアブサンに浸すか、サゼラックやモヒート。

RinQuinQuin (&#8220ran-can-can&#8221と発音)プロヴァンスで蒸留された、軽くて伝統的なピーチアペリティフ。 RinQuinQuinは、地元の甘い桃とその葉を中性スピリッツに注入することから始まります。その後、白ワイン、柑橘類のエッセンシャルオイル、砂糖と混ぜ合わせます。その結果、フルーティーなフレーバーが溢れるまろやかな食前酒になります。角氷を数個入れてまっすぐに飲むことも、カクテルとして飲むこともでき、オレンジジュースでファジーネーブルを作ることができます。

ついに ファリゴール 。ファリゴールは、プロヴァンスのワイルドタイム、バーベナ、アンジェリカのハーブの香りを組み合わせ、味わいにかなりの長さを与え、さわやかな後味と印象的なフレーバーを与えます。

私たちのオフィスに届けられたサンプルは、パスティス、8歳のバーバンコート、そしてRinQuinQuinでした。それで、私は夕方を始めるためにパスティスのグラスと夕食後のコーヒーと一緒にバーバンコートのショットを持っていました。そして、彼らは確かにパリとハイチでの私の若い頃からの懐かしい思い出を持ち帰りました。


パスティス:南フランスのソウルドリンク-レシピ

マノスアンジェラキスによる物語とパリの写真
その他の写真は、RaoulBeltrameおよびCrillonImporters、Ltdの厚意により提供されています。

最近、とても楽しい過去からの爆発が私たちのオフィスに届けられました。

私の父によると、私のミスペントの主力であった、または私によると、若者の非常によく使われた2つのアルコール飲料の非常に良い思い出があります。

パスティスは、&#821660年代半ばにパリに住んでいたときに私が好んだ飲み物でした。パスティスは、フランスのすべてのバーとビストロで提供されており、その味のほとんどはスターアニスから得られます。ウーゾやアラックに似た食前酒として使用されますが、スターアニスを含む多くのハーブのブレンドからの蒸留物です。そして甘草が優勢であるため、実際にはウーゾよりもアブサンのような味がします。

私の他の好きな飲​​み物はラム酒です。非常に遅い&#821670年代、早い&#821680年代に、私はハイチのポルトープランスにある5つ星ホテルであるHabitationLeclercを何度も訪れました。居住地は、島のいわゆる「シャンパンの過去」の一部でした。当時ニューヨーク市で有名なディスコであったカバの所有者であり「儀式の達人」であるオリビエコケリンが、2つを建設することを決定しました。島のスーパーデラックスホテル上記のハビテーションルクレールは、ポルトープランスの中心近くにある壁に囲まれた非常に大きな植物園内の多数のスイミングプールの周りに建てられたスイートのグループと、プティゴアーブのルルレドゥL&#8217皇帝で構成されています、ハイチの海岸にある人里離れた入り江。どちらの施設も国際的なジェットセットのクリーム・ド・ラ・クリームをホストしており、ラム・バーバンコート保護区は両方の代表的な飲み物でした。

サンプルボトルは、久しぶりのCrillon Importers、Ltd。からお届けしました。 Crillonは、米国市場へのAbsolutウォッカの紹介と、Stolichnaya Cristall Vodka、Grand Marnier、Bombay Gin、Bombay Sapphire Ginのマーケティングと流通の背後にいる個人であり、アブサンを消費した人物であるMichel P.Rouxによって設立されました。 2001年に米国で再び合法。

昨年、クリヨンはフランス最古の蒸留所の1つであるDistilleries et Domaines de Provenceに買収され、現在では次のような著名なアルコール飲料を輸入および販売しています。

アンリバルドゥアンパスティス 65の植物とスパイスのブレンドから作られた&#8220Grand Cru&#8221。

ラムバーバンコート 、ハイチ。 1862年にフランスのシャラントのコニャック産地から島に移住し、ポルトープランスの近くにラム酒蒸留所を設立したデュプレ&#8217バーバンコートによって設立されました。 Crillonは、Barbancourtの4つの表現をインポートします。白、3歳、8歳、および15年の不動産保護区です。白は蒸留後ステンレス鋼で保存され、3年、8年、15年はフランス産の白いリムジンオークバリックでソレラスタイルの熟成で熟成されたオークは見られません。 We used to have the white and 3-year old as cocktail bases for Hurricanes, Frozen Daquiris, Piña Colada or Cuba Libre the 8-year old was used for either cocktails or as a sipping rum and the 15-year old was definitely given the same respect as an aged Scottish single malt, sipped with only a splash of cold water or a single ice cube.

Pango Rhum , is an aged rum also made by Barbancourt, flavored with pineapple and mango it is sweet and fruity with hints of spices and a short warm finish.

Magellan Gin , was inspired by Ferdinand de Magellan’s world travels it is an ultra-premium, blue-colored gin handcrafted in small batches in France.

Absinthe 。 Three expressions: the Grande Absente, Absente Refined and Absente Ordinaire are all handcrafted using the same ingredients as a century ago: Wormwood, anise, balm, mint and fennel. Absinthe can be enjoyed in the traditional way, the way Toulouse Lautrec or Vincent Van Gogh used to drink it, by placing a sugar cube on an Absinthe spoon and soaking it with Absente or by mixing it in a favorite cocktail, such as a Sazerac or Mojito.

RinQuinQuin (pronounced “ran-can-can”) a light, traditional peach apéritif, distilled in Provence. RinQuinQuin begins by infusing local sweet peaches and their leaves to a neutral spirit. It is then mixed with white wine, essential oil of citrus and sugar. The result is a mellow apéritif, bursting with fruity flavors. It can be drunk either straight with a couple ice cubes or as a cocktail, making with orange juice a Fuzzy Navel.

Finally Farigoule 。 Farigoule combines the herbal notes from the Provençal wild thyme, verbena and angelica, giving considerable length on the palate and a refreshing finish, with a memorable flavor .

The samples that were delivered to our office were the Pastis, the 8-year old Barbancourt and the RinQuinQuin. So, I had a glass of Pastis to start the evening and a shot of the Barbancourt with my after dinner coffee. And they certainly brought back fond memories from the days of my youth in Paris and Haiti.


Pastis: The Soul Drink of the South of France - Recipes

Story and Paris photo by Manos Angelakis
Other photos courtesy of Raoul Beltrame and Crillon Importers, Ltd.

A very pleasant blast-from-the-past was recently delivered to our office.

I have very fond memories of 2 alcoholic beverages that have been the mainstays of my misspent, according to my father, or very well spent, according to me, youth.

Pastis was the drink that I preferred during my time of living in Paris in the mid 󈦜s. Pastis, is served at every bar and bistro in France and gets most of its taste from star anise it is used as an aperitif similar to ouzo or arrack, but it’s a distilate from a blend of a number of herbs, with star anise and licorice being predominant, therefore it actually tastes more like absinthe than ouzo.

My other favorite beverage is rum. In the very late 󈦦s, early 󈦰s I had visited on numerous occasions Habitation Leclerc, a 5-star hotel in Port au Prince, Haiti. Habitation was part of the so called “champagne past” of the island, when Olivier Coquelin the owner and “master-of-ceremonies” of Hippopotamus, a famous disco at the time in New York City, decided to build two super deluxe hotels on the island the above mentioned Habitation Leclerc comprised of groups of suites built around a number of swimming pools inside a walled, very large botanical garden near the center of Port au Prince, and Le Relais de L’ Empereur at Petit Guâve, a secluded cove on Haiti’s coast. Both properties were hosting the crème-de-la-crème of the international jet-set and the Rhum Barbancourt Reserve was the signature sipping drink for both.

The sample bottles were delivered from Crillon Importers, Ltd., a company that we have not heard from for quite a while. Crillon was founded by Michel P. Roux, the individual behind the very successful Absolut vodka introduction to the US market and the marketing and distribution of Stolichnaya Cristall Vodka, Grand Marnier, Bombay Gin and Bombay Sapphire Gin and the man who made absinthe's consumption legal again in the US in 2001.

Last year Crillon was bought by the Distilleries et Domaines de Provence, one of the oldest French distilleries, and it now imports and distributes such distinguished alcoholic beverages as:

Henri Bardouin Pastis “Grand Cru” made from a blend of 65 plants and spices.

Rhum Barbancourt , Haiti. It was established in 1862 by Dupre’ Barbancourt, who immigrated to the island from the cognac-producing region of Charente in France and founded a rum distillery near Port au Prince. Crillon, imports four expressions of the Barbancourt: white, 3-year old, 8-year old, and 15-year Estate Reserve. The white is kept in stainless steel after distillation and sees no oak the 3-year, 8-year and 15-year are aged in white Limousine oak barriques from France, in a Solera style of aging. We used to have the white and 3-year old as cocktail bases for Hurricanes, Frozen Daquiris, Piña Colada or Cuba Libre the 8-year old was used for either cocktails or as a sipping rum and the 15-year old was definitely given the same respect as an aged Scottish single malt, sipped with only a splash of cold water or a single ice cube.

Pango Rhum , is an aged rum also made by Barbancourt, flavored with pineapple and mango it is sweet and fruity with hints of spices and a short warm finish.

Magellan Gin , was inspired by Ferdinand de Magellan’s world travels it is an ultra-premium, blue-colored gin handcrafted in small batches in France.

Absinthe 。 Three expressions: the Grande Absente, Absente Refined and Absente Ordinaire are all handcrafted using the same ingredients as a century ago: Wormwood, anise, balm, mint and fennel. Absinthe can be enjoyed in the traditional way, the way Toulouse Lautrec or Vincent Van Gogh used to drink it, by placing a sugar cube on an Absinthe spoon and soaking it with Absente or by mixing it in a favorite cocktail, such as a Sazerac or Mojito.

RinQuinQuin (pronounced “ran-can-can”) a light, traditional peach apéritif, distilled in Provence. RinQuinQuin begins by infusing local sweet peaches and their leaves to a neutral spirit. It is then mixed with white wine, essential oil of citrus and sugar. The result is a mellow apéritif, bursting with fruity flavors. It can be drunk either straight with a couple ice cubes or as a cocktail, making with orange juice a Fuzzy Navel.

Finally Farigoule 。 Farigoule combines the herbal notes from the Provençal wild thyme, verbena and angelica, giving considerable length on the palate and a refreshing finish, with a memorable flavor .

The samples that were delivered to our office were the Pastis, the 8-year old Barbancourt and the RinQuinQuin. So, I had a glass of Pastis to start the evening and a shot of the Barbancourt with my after dinner coffee. And they certainly brought back fond memories from the days of my youth in Paris and Haiti.


Pastis: The Soul Drink of the South of France - Recipes

Story and Paris photo by Manos Angelakis
Other photos courtesy of Raoul Beltrame and Crillon Importers, Ltd.

A very pleasant blast-from-the-past was recently delivered to our office.

I have very fond memories of 2 alcoholic beverages that have been the mainstays of my misspent, according to my father, or very well spent, according to me, youth.

Pastis was the drink that I preferred during my time of living in Paris in the mid 󈦜s. Pastis, is served at every bar and bistro in France and gets most of its taste from star anise it is used as an aperitif similar to ouzo or arrack, but it’s a distilate from a blend of a number of herbs, with star anise and licorice being predominant, therefore it actually tastes more like absinthe than ouzo.

My other favorite beverage is rum. In the very late 󈦦s, early 󈦰s I had visited on numerous occasions Habitation Leclerc, a 5-star hotel in Port au Prince, Haiti. Habitation was part of the so called “champagne past” of the island, when Olivier Coquelin the owner and “master-of-ceremonies” of Hippopotamus, a famous disco at the time in New York City, decided to build two super deluxe hotels on the island the above mentioned Habitation Leclerc comprised of groups of suites built around a number of swimming pools inside a walled, very large botanical garden near the center of Port au Prince, and Le Relais de L’ Empereur at Petit Guâve, a secluded cove on Haiti’s coast. Both properties were hosting the crème-de-la-crème of the international jet-set and the Rhum Barbancourt Reserve was the signature sipping drink for both.

The sample bottles were delivered from Crillon Importers, Ltd., a company that we have not heard from for quite a while. Crillon was founded by Michel P. Roux, the individual behind the very successful Absolut vodka introduction to the US market and the marketing and distribution of Stolichnaya Cristall Vodka, Grand Marnier, Bombay Gin and Bombay Sapphire Gin and the man who made absinthe's consumption legal again in the US in 2001.

Last year Crillon was bought by the Distilleries et Domaines de Provence, one of the oldest French distilleries, and it now imports and distributes such distinguished alcoholic beverages as:

Henri Bardouin Pastis “Grand Cru” made from a blend of 65 plants and spices.

Rhum Barbancourt , Haiti. It was established in 1862 by Dupre’ Barbancourt, who immigrated to the island from the cognac-producing region of Charente in France and founded a rum distillery near Port au Prince. Crillon, imports four expressions of the Barbancourt: white, 3-year old, 8-year old, and 15-year Estate Reserve. The white is kept in stainless steel after distillation and sees no oak the 3-year, 8-year and 15-year are aged in white Limousine oak barriques from France, in a Solera style of aging. We used to have the white and 3-year old as cocktail bases for Hurricanes, Frozen Daquiris, Piña Colada or Cuba Libre the 8-year old was used for either cocktails or as a sipping rum and the 15-year old was definitely given the same respect as an aged Scottish single malt, sipped with only a splash of cold water or a single ice cube.

Pango Rhum , is an aged rum also made by Barbancourt, flavored with pineapple and mango it is sweet and fruity with hints of spices and a short warm finish.

Magellan Gin , was inspired by Ferdinand de Magellan’s world travels it is an ultra-premium, blue-colored gin handcrafted in small batches in France.

Absinthe 。 Three expressions: the Grande Absente, Absente Refined and Absente Ordinaire are all handcrafted using the same ingredients as a century ago: Wormwood, anise, balm, mint and fennel. Absinthe can be enjoyed in the traditional way, the way Toulouse Lautrec or Vincent Van Gogh used to drink it, by placing a sugar cube on an Absinthe spoon and soaking it with Absente or by mixing it in a favorite cocktail, such as a Sazerac or Mojito.

RinQuinQuin (pronounced “ran-can-can”) a light, traditional peach apéritif, distilled in Provence. RinQuinQuin begins by infusing local sweet peaches and their leaves to a neutral spirit. It is then mixed with white wine, essential oil of citrus and sugar. The result is a mellow apéritif, bursting with fruity flavors. It can be drunk either straight with a couple ice cubes or as a cocktail, making with orange juice a Fuzzy Navel.

Finally Farigoule 。 Farigoule combines the herbal notes from the Provençal wild thyme, verbena and angelica, giving considerable length on the palate and a refreshing finish, with a memorable flavor .

The samples that were delivered to our office were the Pastis, the 8-year old Barbancourt and the RinQuinQuin. So, I had a glass of Pastis to start the evening and a shot of the Barbancourt with my after dinner coffee. And they certainly brought back fond memories from the days of my youth in Paris and Haiti.


Pastis: The Soul Drink of the South of France - Recipes

Story and Paris photo by Manos Angelakis
Other photos courtesy of Raoul Beltrame and Crillon Importers, Ltd.

A very pleasant blast-from-the-past was recently delivered to our office.

I have very fond memories of 2 alcoholic beverages that have been the mainstays of my misspent, according to my father, or very well spent, according to me, youth.

Pastis was the drink that I preferred during my time of living in Paris in the mid 󈦜s. Pastis, is served at every bar and bistro in France and gets most of its taste from star anise it is used as an aperitif similar to ouzo or arrack, but it’s a distilate from a blend of a number of herbs, with star anise and licorice being predominant, therefore it actually tastes more like absinthe than ouzo.

My other favorite beverage is rum. In the very late 󈦦s, early 󈦰s I had visited on numerous occasions Habitation Leclerc, a 5-star hotel in Port au Prince, Haiti. Habitation was part of the so called “champagne past” of the island, when Olivier Coquelin the owner and “master-of-ceremonies” of Hippopotamus, a famous disco at the time in New York City, decided to build two super deluxe hotels on the island the above mentioned Habitation Leclerc comprised of groups of suites built around a number of swimming pools inside a walled, very large botanical garden near the center of Port au Prince, and Le Relais de L’ Empereur at Petit Guâve, a secluded cove on Haiti’s coast. Both properties were hosting the crème-de-la-crème of the international jet-set and the Rhum Barbancourt Reserve was the signature sipping drink for both.

The sample bottles were delivered from Crillon Importers, Ltd., a company that we have not heard from for quite a while. Crillon was founded by Michel P. Roux, the individual behind the very successful Absolut vodka introduction to the US market and the marketing and distribution of Stolichnaya Cristall Vodka, Grand Marnier, Bombay Gin and Bombay Sapphire Gin and the man who made absinthe's consumption legal again in the US in 2001.

Last year Crillon was bought by the Distilleries et Domaines de Provence, one of the oldest French distilleries, and it now imports and distributes such distinguished alcoholic beverages as:

Henri Bardouin Pastis “Grand Cru” made from a blend of 65 plants and spices.

Rhum Barbancourt , Haiti. It was established in 1862 by Dupre’ Barbancourt, who immigrated to the island from the cognac-producing region of Charente in France and founded a rum distillery near Port au Prince. Crillon, imports four expressions of the Barbancourt: white, 3-year old, 8-year old, and 15-year Estate Reserve. The white is kept in stainless steel after distillation and sees no oak the 3-year, 8-year and 15-year are aged in white Limousine oak barriques from France, in a Solera style of aging. We used to have the white and 3-year old as cocktail bases for Hurricanes, Frozen Daquiris, Piña Colada or Cuba Libre the 8-year old was used for either cocktails or as a sipping rum and the 15-year old was definitely given the same respect as an aged Scottish single malt, sipped with only a splash of cold water or a single ice cube.

Pango Rhum , is an aged rum also made by Barbancourt, flavored with pineapple and mango it is sweet and fruity with hints of spices and a short warm finish.

Magellan Gin , was inspired by Ferdinand de Magellan’s world travels it is an ultra-premium, blue-colored gin handcrafted in small batches in France.

Absinthe 。 Three expressions: the Grande Absente, Absente Refined and Absente Ordinaire are all handcrafted using the same ingredients as a century ago: Wormwood, anise, balm, mint and fennel. Absinthe can be enjoyed in the traditional way, the way Toulouse Lautrec or Vincent Van Gogh used to drink it, by placing a sugar cube on an Absinthe spoon and soaking it with Absente or by mixing it in a favorite cocktail, such as a Sazerac or Mojito.

RinQuinQuin (pronounced “ran-can-can”) a light, traditional peach apéritif, distilled in Provence. RinQuinQuin begins by infusing local sweet peaches and their leaves to a neutral spirit. It is then mixed with white wine, essential oil of citrus and sugar. The result is a mellow apéritif, bursting with fruity flavors. It can be drunk either straight with a couple ice cubes or as a cocktail, making with orange juice a Fuzzy Navel.

Finally Farigoule 。 Farigoule combines the herbal notes from the Provençal wild thyme, verbena and angelica, giving considerable length on the palate and a refreshing finish, with a memorable flavor .

The samples that were delivered to our office were the Pastis, the 8-year old Barbancourt and the RinQuinQuin. So, I had a glass of Pastis to start the evening and a shot of the Barbancourt with my after dinner coffee. And they certainly brought back fond memories from the days of my youth in Paris and Haiti.


Pastis: The Soul Drink of the South of France - Recipes

Story and Paris photo by Manos Angelakis
Other photos courtesy of Raoul Beltrame and Crillon Importers, Ltd.

A very pleasant blast-from-the-past was recently delivered to our office.

I have very fond memories of 2 alcoholic beverages that have been the mainstays of my misspent, according to my father, or very well spent, according to me, youth.

Pastis was the drink that I preferred during my time of living in Paris in the mid 󈦜s. Pastis, is served at every bar and bistro in France and gets most of its taste from star anise it is used as an aperitif similar to ouzo or arrack, but it’s a distilate from a blend of a number of herbs, with star anise and licorice being predominant, therefore it actually tastes more like absinthe than ouzo.

My other favorite beverage is rum. In the very late 󈦦s, early 󈦰s I had visited on numerous occasions Habitation Leclerc, a 5-star hotel in Port au Prince, Haiti. Habitation was part of the so called “champagne past” of the island, when Olivier Coquelin the owner and “master-of-ceremonies” of Hippopotamus, a famous disco at the time in New York City, decided to build two super deluxe hotels on the island the above mentioned Habitation Leclerc comprised of groups of suites built around a number of swimming pools inside a walled, very large botanical garden near the center of Port au Prince, and Le Relais de L’ Empereur at Petit Guâve, a secluded cove on Haiti’s coast. Both properties were hosting the crème-de-la-crème of the international jet-set and the Rhum Barbancourt Reserve was the signature sipping drink for both.

The sample bottles were delivered from Crillon Importers, Ltd., a company that we have not heard from for quite a while. Crillon was founded by Michel P. Roux, the individual behind the very successful Absolut vodka introduction to the US market and the marketing and distribution of Stolichnaya Cristall Vodka, Grand Marnier, Bombay Gin and Bombay Sapphire Gin and the man who made absinthe's consumption legal again in the US in 2001.

Last year Crillon was bought by the Distilleries et Domaines de Provence, one of the oldest French distilleries, and it now imports and distributes such distinguished alcoholic beverages as:

Henri Bardouin Pastis “Grand Cru” made from a blend of 65 plants and spices.

Rhum Barbancourt , Haiti. It was established in 1862 by Dupre’ Barbancourt, who immigrated to the island from the cognac-producing region of Charente in France and founded a rum distillery near Port au Prince. Crillon, imports four expressions of the Barbancourt: white, 3-year old, 8-year old, and 15-year Estate Reserve. The white is kept in stainless steel after distillation and sees no oak the 3-year, 8-year and 15-year are aged in white Limousine oak barriques from France, in a Solera style of aging. We used to have the white and 3-year old as cocktail bases for Hurricanes, Frozen Daquiris, Piña Colada or Cuba Libre the 8-year old was used for either cocktails or as a sipping rum and the 15-year old was definitely given the same respect as an aged Scottish single malt, sipped with only a splash of cold water or a single ice cube.

Pango Rhum , is an aged rum also made by Barbancourt, flavored with pineapple and mango it is sweet and fruity with hints of spices and a short warm finish.

Magellan Gin , was inspired by Ferdinand de Magellan’s world travels it is an ultra-premium, blue-colored gin handcrafted in small batches in France.

Absinthe 。 Three expressions: the Grande Absente, Absente Refined and Absente Ordinaire are all handcrafted using the same ingredients as a century ago: Wormwood, anise, balm, mint and fennel. Absinthe can be enjoyed in the traditional way, the way Toulouse Lautrec or Vincent Van Gogh used to drink it, by placing a sugar cube on an Absinthe spoon and soaking it with Absente or by mixing it in a favorite cocktail, such as a Sazerac or Mojito.

RinQuinQuin (pronounced “ran-can-can”) a light, traditional peach apéritif, distilled in Provence. RinQuinQuin begins by infusing local sweet peaches and their leaves to a neutral spirit. It is then mixed with white wine, essential oil of citrus and sugar. The result is a mellow apéritif, bursting with fruity flavors. It can be drunk either straight with a couple ice cubes or as a cocktail, making with orange juice a Fuzzy Navel.

Finally Farigoule 。 Farigoule combines the herbal notes from the Provençal wild thyme, verbena and angelica, giving considerable length on the palate and a refreshing finish, with a memorable flavor .

The samples that were delivered to our office were the Pastis, the 8-year old Barbancourt and the RinQuinQuin. So, I had a glass of Pastis to start the evening and a shot of the Barbancourt with my after dinner coffee. And they certainly brought back fond memories from the days of my youth in Paris and Haiti.