新しいレシピ

ボーエンズアイランドレストラン

ボーエンズアイランドレストラン


牡蠣屋さんの説明を始める方法すら知りません ボーエンズアイランドレストラン。話を聞いたり、レビューを読んだり、車でチェックしたりしましたが、それでも食事の準備はできていませんでした。準備?いいえ!

Bowen'sはサウスカロライナ州のフォリービーチの2マイル手前にあり、それについて何も言うことがない地元の人とはまだ会っていません。さらに良いことに、友人と私たちのすべての子供たち、彼らの息子、そして友人との夜。だから、やった。ターンオフ前の道路の右側にレストランの看板があるので、見逃すことはありません。右に曲がり、沼地を通り抜けているように見える舗装道路を下ります。右側には、美しい家があります。道路が未舗装の歩道に変わり、「市のメンテナンスはここで終わります」と書かれた標識を通過します。あなたはそれほど美しくない家を通り過ぎるでしょう。もうすぐです!正面の窓からは目の前の水と牡蠣の殻の山に囲まれた「駐車場」と書かれた看板が見えます。右に行き、未舗装のフィールドに駐車します。うん、素晴らしい景色を眺めることができます。

立ち止まって写真を撮るのは悪い考えではありません。夕暮れに到着しましたが、景色は本当に素晴らしかったです。 Bowen'sは最近再建中です。 「新しい」部分はまだ素朴で落書きで覆われていますが、屋内トイレでも暖められています。採れたての牡蠣を降ろす水に向かって歩きました。暖かい季節に人々が集まる場所を見ることができました—牡蠣、冷たい飲み物、そしてローカントリーの物語を共有しました。以下は、ディナー、結婚式、ビジネスの集まりなどに使用されるパーティールームです。

それが素朴であると言うことはそれを不利益にすることです。キャンプは素朴です。ボーエンの素朴さは独特で、私が今まで経験したことのないカテゴリーに分類されます。 2分間のセルフガイドウォーキングツアーに参加した後、注文する時間になりました。新しいセクションへの階段を上ったところ、暖かくて居心地が良く、牡蠣を待ったり、テレビを見たり、冷たいビールを飲んだりする人々でいっぱいでした。

ラミネートメニューを渡された後、バーテンダーに注文しました。彼はそれを私たちの名前を上にして一枚の紙に書き留めました。私たちは飲み物を手に入れて下に向かった。寒さを取り除くために背の高い男の子のヒーターがいくつかあり、部屋の後ろには巨大な汽船、火、そしてデールという名前のカキ炊飯器/サーバーがありました。 (ミシェル、彼の名前を覚えてくれてありがとう!)人々は彼が作ることができる限り速くカキを食べていました。牡蠣を食べるのは初めてで、その過程を自分で見なければなりませんでした。幸いなことに、彼は物事を説明することを気にしませんでした。後でカキのトレイを2つ、殻から取り出し、ホットソースをかけ、クラブケーキ、おいしいハッシュパピー、フライドポテト、コールスローを数回一緒に食べることができました。エビフライも美味しかったです。

Bowen's Island Restaurantでは、タイトなパンツを着用する以外に間違った選択をすることはできません。私たち10人が注文したものはすべて素晴らしく、迅速に提供されました。一番大きな牡蠣を親愛なる友人のダグに寄付しました。彼はすぐにそれをホットソースに浸して食べました。

Bowen'sは単なるレストランではありません。サウスカロライナ州のアイコンで、沼地から新鮮な牡蠣を64年間提供しており、2006年にアメリカの古典としてジェームズビアード賞を受賞しました。私は、各テーブルででんぷんのリネンを使ってスムーズジャズを演奏する、デザイナーが装飾した一流レストランを探しに行きませんでした。私は伝統、歴史、ランドマーク、ボーエンのアメリカの古典に行きました。牡蠣を食べに行って、牡蠣を殻から取り出し、家族や友達と食事を楽しむことを学びました。私は自分の快適ゾーンから出て、何か新しいことを試みました。私は地元の人が行くところに行き、彼らが食べるところを食べに行きました。そして、私は素晴らしい時間を過ごしました!

彼らのウェブサイトを引用すると、「多くの忠実な顧客にとって、この場所はレストランとは言い難い。島は心の状態になった」。ボーエンズ サウスカロライナ州チャールストンと同様に、精神状態。家族や友達と共有できてとても感謝しています。どこか新しい場所が必要な場合、地元の人が食べる場所で食事をしたい場合、この現代を楽しむ方法を単に探している場合は、Bowen'sIslandRestaurantをチェックしてください。あなたは失望することはありません。

完全な体験の写真については、チェックアウトしてください チャールストンの宝物.


眺めの良い牡蠣を求めてボーウェンズ島に向かいましょう

ジューシーでジューシーな牡蠣が大好きで、フォリークリークのカーブにある壊れそうな建物のコレクションであるBowens IslandRestaurantに群衆を引き付けます。

約60年間、常連客は焼き牡蠣を食べたり、壁に落書きを描いたり、息を呑むような景色を楽しんだりするようになりました。

ここには特別なものはありませんが、古風な趣のある牡蠣を愛する人にはぴったりの場所です。

おいしい牡蠣と他のシーフードのその組み合わせとその少し変わった雰囲気は、それを名誉の船積みにしています。 CoastalLiving誌とSouthernLiving誌は、この国で最高のシーフードダイブの1つに選ばれました。 2006年、ジェームズビアード財団はそれをアメリカンクラシックレストランと名付けました。

レストランは13エーカーの島にあり、オーナーのロバートバーバーの祖父母であるメイとジミーボウエンが1946年に3,900ドルで購入しました。貿易では、彼女はヘアスタイリストであり、彼はプリンターでした。しかし、彼らはまた、バーバーの父、ボブ・バーバーにちなんで名付けられた、ボブズ・ランチのフォリービーチにレストランを所有していました。彼女は第二次世界大戦後にフォリービーチレストランの運営をボブバーバーに引き継ぎ、彼はベテランの学生としてシタデルに通いながらそれを経営しました。

「彼女はここにやって来て、小さな1ベッドルームの小屋を建てました。彼女はここに住んで、かなり大きなシーフードレストランの運営に発展したことを始めました」とロバートバーバーは言いました。 「彼女が亡くなるまで、古い鋳鉄製のフライパンを除いて、そこでシーフードを調理することはありませんでした。それでもそうしているとしたら、今と同じくらい多くのシーフードを調理するには、約250個の鋳鉄製フライパンが必要になると思います。 。」

ボーウェンズはボーウェンズ島にレストランを開くつもりはなく、ドックを建設してフィッシュキャンプを設置しました。しかし、人々は彼らが捕まえたシーフードを調理するように彼らに頼み始めました、そしてすぐに彼らは別のレストランを経営していました。

「私たちは庭で牡蠣を調理していました。ペックやブッシェルで牡蠣を手に入れることができました。いくつかののこぎりの馬に合板をいくつか付け、その上に黄麻布を載せた鋼板で調理しました。」

最終的に、小さなコンクリートブロックレストランが建てられました。バーバーがビアード財団のアメリカンクラシック賞を受け入れるためにニューヨークに旅行したわずか数か月後の2006年10月に、火事でレストランが破壊されました。 (彼はタキシードと白いエビのブーツで印象的だったことは間違いありません。)

古いレストランに行くのは経験でした。その写真は、古いテレビのスタック、素朴なテーブルと比類のない椅子、そして落書きで覆われた壁を示しています。 Bowensは長年の料理人JohnSankaの助けを借りてレストランを経営しました。

「誰もが壁に床から天井まで書いた」と、1968年に海軍と共にチャールストンに駐留して以来レストランを訪れているポール・ハドリーは言った。

スパイラルに綴じられたノートは訪問者の黙想のために残されました、そしてハドリーは明らかに美しい手書きの若い女性によって書かれたものを思い出しました。

「言い換えれば、彼女の発言は次のとおりでした。&lsquoOh、なんて面白い場所だ。家に帰って友達をここに連れてきて、友達も「どこに連れて行ってくれるの?」と言うのが待ちきれません。

「かつてはフォリーからずっと汚れていたので、去るときは沼を通り抜けなければなりませんでした。満潮の場合は水の中を通り抜けなければなりませんでした。暗くてかなりファンキーな見た目だったので、すべてが変わったわけではありません。それだけです。それはフォリービーチ文化の大きな部分です。それは素晴らしいです。」

ホーリーシティブリューイングが牡蠣を使ったビール、ボーウェンズアイランドオイスタースタウトを作るほど素晴らしいです。

古いレストランの上に2階建てのレストランが建てられ、美しい夕日を利用できる広いデッキがあります。そして1996年に、多くの訪問者が理髪師にもっと頻繁に来ると言った後、屋内トイレが追加されましたが、妻は道を渡ってトイレに行くのが本当に嫌いでした。

レストランの初期の頃に恥ずかしがらずに感傷的な理髪師は、元のレストランの境界を示す木材を指摘します。

ブロック壁の反対側には、オリジナルのオイスタールームがあります。今日のダイナーは同じ牡蠣の部屋に座って、元の牡蠣の穴で調理された牡蠣を丸呑みにします。 1つの違いは、プロパンガスが直火の代わりにピットを加熱するために使用されることです。

「それは、&frac12インチの鋼板と牡蠣の黄麻布の袋についてであり、それはそれらを美しく蒸し、テーブルの上でそれらをシャベルで切るだけです。」

バーバーの推定によると、レストランでは週に平均170ブッシェルの牡蠣を提供しています。オイスターピッカーはそれらを近くに集め、ブッシェルのそばに持ってきて、傾斜したセメントの洗面台に捨て、そこで小川からの水で洗い流します。

塩水でそれらを洗うことは軟体動物の自然の塩分を希釈するのを防ぐのを助けて、そしてそれらをより美味しくする、とバーバーは言いました。

ピッカーの中には若い男性もいますが、最もよく知られているのは、50年以上カキを選んでいるビクター「ゴート」ラファイエットです。ラファイエットとレストランは、3月3日にレストランで開催されるチャールストンワインアンドフードフェスティバルのイベントで上映されるSouthern FoodwaysAllianceの映画で紹介されています。

理髪師は、家族のレストランの伝統を引き継ぐために着手しませんでした。彼は弁護士であり、現在は練習をしていませんが、レストランの下の階のオフィスに屋根板を掛けています。

彼は1989年から1995年までサウスカロライナ州議会議事堂で自分の地域を代表し、1980年代にはチャールストン郡教育委員会の委員を務めました。彼は2006年に副知事の現職のアンドレ・バウアーとの競争に敗れ、2010年に会計監査役のリチャード・エックストロムと対戦した。

最近では、「正確に計画されたものは何もない」と言っても、彼はレストランを経営することに満足しているようです。

新しいレストランにぶら下がっている看板の1つは、メイ・ボーエンの言葉を引用しています。「ボーウェンズ島:人々はそれを好きか嫌いかのどちらかです。」

理髪師は明らかにそれを愛しています。彼は彼、レストラン、そして他の家族の故郷であるこの島を愛しています。

そして彼は牡蠣が大好きです。古い牡蠣の部屋に座って、ロースト中に飛び出していない牡蠣に入る方法を実演します。

「これらは素晴らしい塩水から出てきます。私はこのカキの水を無駄にすることさえ好きではありません。私も水を飲みます。


眺めの良い牡蠣を求めてボーウェンズ島に向かいましょう

ジューシーでジューシーな牡蠣が大好きで、フォリークリークのカーブにある壊れそうな建物のコレクションであるBowens IslandRestaurantに群衆を引き付けます。

約60年間、常連客はローストした牡蠣を食べたり、壁に落書きを描いたり、息を呑むような景色を楽しんだりするようになりました。

ここには特別なものはありませんが、古風な趣のある牡蠣を愛する人にはぴったりの場所です。

おいしい牡蠣と他のシーフードのその組み合わせとその少し変わった雰囲気は、それを名誉の船積みにしています。 CoastalLiving誌とSouthernLiving誌は、この国で最高のシーフードダイブの1つに選ばれました。 2006年、ジェームズビアード財団はそれをアメリカンクラシックレストランと名付けました。

レストランは13エーカーの島にあり、オーナーのロバートバーバーの祖父母であるメイとジミーボウエンが1946年に3,900ドルで購入しました。貿易では、彼女はヘアスタイリストであり、彼はプリンターでした。しかし、彼らはまた、バーバーの父、ボブ・バーバーにちなんで名付けられた、ボブズ・ランチのフォリービーチにレストランを所有していました。彼女は第二次世界大戦後にフォリービーチレストランの運営をボブバーバーに引き継ぎ、彼はベテランの学生としてシタデルに通いながらそれを経営しました。

「彼女はここにやって来て、小さな1ベッドルームの小屋を建てました。彼女はここに住んで、かなり大きなシーフードレストランの運営に発展したことを始めました」とロバートバーバーは言いました。 「彼女が亡くなるまで、古い鋳鉄製のフライパンを除いて、そこでシーフードを調理することはありませんでした。それでもそうしているとしたら、今と同じくらい多くのシーフードを調理するには、約250個の鋳鉄製フライパンが必要になると思います。 。」

ボーウェンズはボーウェンズ島にレストランを開くつもりはなく、ドックを建設してフィッシュキャンプを設置しました。しかし、人々は彼らが捕まえたシーフードを調理するように彼らに頼み始めました、そしてすぐに彼らは別のレストランを経営していました。

「以前は庭で牡蠣を調理していました。ペックやブッシェルで牡蠣を手に入れることができました。いくつかののこぎりの馬に合板を付け、黄麻布を上にして鋼板で調理しました。」

最終的に、小さなコンクリートブロックレストランが建てられました。バーバーがビアード財団のアメリカンクラシック賞を受け入れるためにニューヨークに旅行したわずか数か月後の2006年10月に、火事でレストランが破壊されました。 (彼はタキシードと白いエビのブーツで印象的だったことは間違いありません。)

古いレストランに行くのは経験でした。その写真は、古いテレビのスタック、素朴なテーブルと比類のない椅子、そして落書きで覆われた壁を示しています。 Bowensは長年の料理人JohnSankaの助けを借りてレストランを経営しました。

「誰もが壁に床から天井まで書いた」と、1968年に海軍と共にチャールストンに駐留して以来レストランを訪れているポール・ハドリーは言った。

スパイラルに綴じられたノートは訪問者の黙想のために残されました、そしてハドリーは明らかに美しい手書きの若い女性によって書かれたものを思い出しました。

「言い換えれば、彼女の発言は次のとおりでした。&lsquoOh、なんて面白い場所だ。家に帰って友達をここに連れてきて、友達も「一体どこに連れて行ってくれるの?」と言うのが待ちきれません。

「かつてはフォリーからずっと汚れていたので、去るときは沼を通り抜けなければなりませんでした。満潮の場合は水の中を通り抜けなければなりませんでした。暗くてかなりファンキーな見た目だったので、すべてが変わったわけではありません。それだけです。それはフォリービーチ文化の大きな部分です。それは素晴らしいです。」

ホーリーシティブリューイングが牡蠣を使ったビール、ボーウェンズアイランドオイスタースタウトを作るほど素晴らしいです。

古いレストランの上に2階建てのレストランが建てられ、美しい夕日を利用できる広いデッキがあります。そして1996年に、多くの訪問者が理髪師にもっと頻繁に来ると言った後、屋内トイレが追加されましたが、妻は道を渡ってトイレに行くのが本当に嫌いでした。

レストランの初期の頃に恥ずかしがらずに感傷的な理髪師は、元のレストランの境界を示す木材を指摘します。

ブロック壁の反対側には、オリジナルのオイスタールームがあります。今日のダイナーは同じ牡蠣の部屋に座って、元の牡蠣の穴で調理された牡蠣を丸呑みにします。 1つの違いは、プロパンガスが直火の代わりにピットを加熱するために使用されることです。

「それは、&frac12インチの鋼板と牡蠣の黄麻布の袋についてであり、それはそれらを美しく蒸し、テーブルの上でそれらをシャベルで切るだけです。」

バーバーの推定によると、レストランでは週に平均170ブッシェルの牡蠣を提供しています。オイスターピッカーはそれらを近くに集め、ブッシェルのそばに持ってきて、傾斜したセメントの洗面台に捨て、そこで小川からの水で洗い流します。

塩水でそれらを洗うことは軟体動物の自然の塩分を希釈するのを防ぐのを助けて、そしてそれらをより美味しくする、とバーバーは言いました。

ピッカーの中には若い男性もいますが、最もよく知られているのは、50年以上カキを選んでいるビクター「ゴート」ラファイエットです。ラファイエットとレストランは、3月3日にレストランで開催されるチャールストンワインアンドフードフェスティバルのイベントで上映されるSouthern FoodwaysAllianceの映画で紹介されています。

理髪師は、家族のレストランの伝統を引き継ぐために着手しませんでした。彼は弁護士であり、現在は練習をしていませんが、レストランの下の階のオフィスに屋根板を掛けています。

彼は1989年から1995年までサウスカロライナ州議会議事堂で自分の地域を代表し、1980年代にはチャールストン郡教育委員会の委員を務めました。彼は2006年に副知事の現職のアンドレ・バウアーとの競争に敗れ、2010年に会計監査役のリチャード・エックストロムと対戦した。

最近では、「正確に計画されたものは何もない」と言っても、彼はレストランを経営することに満足しているようです。

新しいレストランにぶら下がっている看板の1つは、メイ・ボーエンの言葉を引用しています。「ボーウェンズ島:人々はそれを好きか嫌いかのどちらかです。」

理髪師は明らかにそれを愛しています。彼は彼、レストラン、そして他の家族の故郷であるこの島を愛しています。

そして彼は牡蠣が大好きです。古い牡蠣の部屋に座って、ロースト中に飛び出していない牡蠣に入る方法を実演します。

「これらは素晴らしい塩水から出てきます。私はこのカキの水を無駄にすることさえ好きではありません。私も水を飲みます。


眺めの良い牡蠣を求めてボーウェンズ島に向かいましょう

ジューシーでジューシーな牡蠣が大好きで、フォリークリークのカーブにある壊れそうな建物のコレクションであるBowens IslandRestaurantに群衆を引き付けます。

約60年間、常連客は焼き牡蠣を食べたり、壁に落書きを描いたり、息を呑むような景色を楽しんだりするようになりました。

ここには特別なものはありませんが、古風な趣のある牡蠣を愛する人にはぴったりの場所です。

おいしい牡蠣と他のシーフードのその組み合わせとその少し変わった雰囲気は、それを名誉の船積みにしています。 CoastalLiving誌とSouthernLiving誌は、この国で最高のシーフードダイブの1つに選ばれました。 2006年、ジェームズビアード財団はそれをアメリカンクラシックレストランと名付けました。

レストランは13エーカーの島にあり、オーナーのロバートバーバーの祖父母であるメイとジミーボウエンが1946年に3,900ドルで購入しました。貿易では、彼女はヘアスタイリストであり、彼はプリンターでした。しかし、彼らはまた、バーバーの父、ボブ・バーバーにちなんで名付けられた、ボブズ・ランチのフォリービーチにレストランを所有していました。彼女は第二次世界大戦後にフォリービーチレストランの運営をボブバーバーに引き継ぎ、彼はベテランの学生としてシタデルに通いながらそれを経営しました。

「彼女はここにやって来て、小さな1ベッドルームの小屋を建てました。彼女はここに住んで、かなり大きなシーフードレストランの運営に発展したことを始めました」とロバートバーバーは言いました。 「彼女が亡くなるまで、古い鋳鉄製のフライパンを除いて、そこでシーフードを調理することはありませんでした。それでもそうしているとしたら、今と同じくらい多くのシーフードを調理するには、約250個の鋳鉄製フライパンが必要になると思います。 。」

ボーウェンズはボーウェンズ島にレストランを開くつもりはなく、ドックを建設してフィッシュキャンプを設置しました。しかし、人々は彼らが捕まえたシーフードを調理するように彼らに頼み始めました、そしてすぐに彼らは別のレストランを経営していました。

「以前は庭で牡蠣を調理していました。ペックやブッシェルで牡蠣を手に入れることができました。いくつかののこぎりの馬に合板を付け、黄麻布を上にして鋼板で調理しました。」

最終的に、小さなコンクリートブロックレストランが建てられました。バーバーがビアード財団のアメリカンクラシック賞を受け入れるためにニューヨークに旅行したわずか数か月後の2006年10月に、火事でレストランが破壊されました。 (タキシードと白いエビのブーツで彼が印象的だったことは間違いありません。)

古いレストランに行くのは経験でした。その写真は、古いテレビのスタック、素朴なテーブルと比類のない椅子、そして落書きで覆われた壁を示しています。 Bowensは長年の料理人JohnSankaの助けを借りてレストランを経営しました。

「誰もが壁に床から天井まで書いた」と、1968年に海軍と共にチャールストンに駐留して以来レストランを訪れているポール・ハドリーは言った。

スパイラルに綴じられたノートは訪問者の黙想のために残されました、そしてハドリーは明らかに美しい手書きの若い女性によって書かれたものを思い出しました。

「言い換えれば、彼女の発言は次のとおりでした。&lsquoOh、なんて面白い場所だ。家に帰って友達をここに連れてきて、友達も「一体どこに連れて行ってくれるの?」と言うのが待ちきれません。

「かつてはフォリーからずっと汚れていたので、去るときは沼を通り抜けなければなりませんでした。満潮の場合は水の中を通り抜けなければなりませんでした。暗くてかなりファンキーな見た目だったので、すべてが変わったわけではありません。それだけです。それはフォリービーチ文化の大きな部分です。それは素晴らしいです。」

ホーリーシティブリューイングが牡蠣を使ったビール、ボーウェンズアイランドオイスタースタウトを作るほど素晴らしいです。

古いレストランの上に2階建てのレストランが建てられ、美しい夕日を利用できる広いデッキがあります。そして1996年に、多くの訪問者が理髪師にもっと頻繁に来ると言った後、屋内トイレが追加されましたが、妻は道を渡ってトイレに行くのが本当に嫌いでした。

レストランの初期の頃に恥ずかしがらずに感傷的な理髪師は、元のレストランの境界を示す木材を指摘します。

ブロック壁の反対側には、オリジナルのオイスタールームがあります。今日のダイナーは同じ牡蠣の部屋に座って、元の牡蠣の穴で調理された牡蠣を丸呑みにします。 1つの違いは、プロパンガスが直火の代わりにピットを加熱するために使用されることです。

「それは、&frac12インチの鋼板と牡蠣の黄麻布の袋についてであり、それはそれらを美しく蒸し、テーブルの上でそれらをシャベルで切るだけです。」

バーバーの推定によると、レストランでは週に平均170ブッシェルの牡蠣を提供しています。オイスターピッカーはそれらを近くに集め、ブッシェルのそばに持ってきて、傾斜したセメントの洗面台に捨て、そこで小川からの水で洗い流します。

塩水でそれらを洗うことは軟体動物の自然の塩分を希釈するのを防ぐのを助けて、そしてそれらをより美味しくする、とバーバーは言いました。

ピッカーの中には若い男性もいますが、最もよく知られているのは、50年以上カキを選んでいるビクター「ゴート」ラファイエットです。ラファイエットとレストランは、3月3日にレストランで開催されるチャールストンワインアンドフードフェスティバルのイベントで上映されるSouthern FoodwaysAllianceの映画で紹介されています。

理髪師は、家族のレストランの伝統を引き継ぐために着手しませんでした。彼は弁護士であり、現在は練習をしていませんが、レストランの下の階のオフィスに屋根板を掛けています。

彼は1989年から1995年までサウスカロライナ州議会議事堂で自分の地域を代表し、1980年代にはチャールストン郡教育委員会の委員を務めました。彼は2006年に副知事の現職のアンドレ・バウアーとの競争に敗れ、2010年に会計監査役のリチャード・エックストロムと対戦した。

最近では、「正確に計画されたものは何もない」と言っても、彼はレストランを経営することに満足しているようです。

新しいレストランにぶら下がっている看板の1つは、メイ・ボーエンの言葉を引用しています。「ボーウェンズ島:人々はそれを好きか嫌いかのどちらかです。」

理髪師は明らかにそれを愛しています。彼は彼、レストラン、そして他の家族の故郷であるこの島を愛しています。

そして彼は牡蠣が大好きです。古い牡蠣の部屋に座って、ロースト中に飛び出していない牡蠣に入る方法を実演します。

「これらは素晴らしい塩水から出てきます。私はこのカキの水を無駄にすることさえ好きではありません。私も水を飲みます。


眺めの良い牡蠣を求めてボーウェンズ島に向かいましょう

ジューシーでジューシーな牡蠣が大好きで、フォリークリークのカーブにある壊れそうな建物のコレクションであるBowens IslandRestaurantに群衆を引き付けます。

約60年間、常連客は焼き牡蠣を食べたり、壁に落書きを描いたり、息を呑むような景色を楽しんだりするようになりました。

ここには特別なものはありませんが、古風な趣のある牡蠣を愛する人にはぴったりの場所です。

おいしい牡蠣と他のシーフードのその組み合わせとその少し変わった雰囲気は、それを名誉の船積みにしています。 CoastalLiving誌とSouthernLiving誌は、この国で最高のシーフードダイブの1つに選ばれました。 2006年、ジェームズビアード財団はそれをアメリカンクラシックレストランと名付けました。

レストランは13エーカーの島にあり、オーナーのロバートバーバーの祖父母であるメイとジミーボウエンが1946年に3,900ドルで購入しました。貿易では、彼女はヘアスタイリストであり、彼はプリンターでした。しかし、彼らはまた、バーバーの父、ボブ・バーバーにちなんで名付けられた、ボブズ・ランチのフォリービーチにレストランを所有していました。彼女は第二次世界大戦後にフォリービーチレストランの運営をボブバーバーに引き継ぎ、彼はベテランの学生としてシタデルに通いながらそれを経営しました。

「彼女はここにやって来て、小さな1ベッドルームの小屋を建てました。彼女はここに住んで、かなり大きなシーフードレストランの運営に発展したことを始めました」とロバートバーバーは言いました。 「彼女が亡くなるまで、古い鋳鉄製のフライパンを除いて、そこでシーフードを調理することはありませんでした。それでもそうしているとしたら、今と同じくらい多くのシーフードを調理するには、約250個の鋳鉄製フライパンが必要になると思います。 。」

ボーウェンズはボーウェンズ島にレストランを開くつもりはなく、ドックを建設してフィッシュキャンプを設置しました。しかし、人々は彼らが捕まえたシーフードを調理するように彼らに頼み始めました、そしてすぐに彼らは別のレストランを経営していました。

「以前は庭で牡蠣を調理していました。ペックやブッシェルで牡蠣を手に入れることができました。いくつかののこぎりの馬に合板を付け、黄麻布を上にして鋼板で調理しました。」

最終的に、小さなコンクリートブロックレストランが建てられました。バーバーがビアード財団のアメリカンクラシック賞を受け入れるためにニューヨークに旅行したわずか数か月後の2006年10月に、火事でレストランが破壊されました。 (彼はタキシードと白いエビのブーツで印象的だったことは間違いありません。)

古いレストランに行くのは経験でした。その写真は、古いテレビのスタック、素朴なテーブルと比類のない椅子、そして落書きで覆われた壁を示しています。 Bowensは長年の料理人JohnSankaの助けを借りてレストランを経営しました。

「誰もが壁に床から天井まで書いた」と、1968年に海軍と共にチャールストンに駐留して以来レストランを訪れているポール・ハドリーは言った。

スパイラルに綴じられたノートは訪問者の黙想のために残されました、そしてハドリーは明らかに美しい手書きの若い女性によって書かれたものを思い出しました。

「言い換えれば、彼女の発言は次のとおりでした。&lsquoOh、なんて面白い場所だ。家に帰って友達をここに連れてきて、友達も「どこに連れて行ってくれるの?」と言うのが待ちきれません。

「かつてはフォリーからずっと汚れていたので、去るときは沼を通り抜けなければなりませんでした。満潮の場合は水の中を通り抜けなければなりませんでした。暗くてかなりファンキーな見た目だったので、すべてが変わったわけではありません。それだけです。それはフォリービーチ文化の大きな部分です。それは素晴らしいです。」

ホーリーシティブリューイングが牡蠣を使ったビール、ボーウェンズアイランドオイスタースタウトを作るほど素晴らしいです。

古いレストランの上に2階建てのレストランが建てられ、美しい夕日を利用できる広いデッキがあります。そして1996年に、多くの訪問者が理髪師にもっと頻繁に来ると言った後、屋内トイレが追加されましたが、妻は道を渡ってトイレに行くのが本当に嫌いでした。

レストランの初期の頃に恥ずかしがらずに感傷的な理髪師は、元のレストランの境界を示す木材を指摘します。

ブロック壁の反対側には、オリジナルのオイスタールームがあります。今日のダイナーは同じ牡蠣の部屋に座って、元の牡蠣の穴で調理された牡蠣を丸呑みにします。 1つの違いは、プロパンガスが直火の代わりにピットを加熱するために使用されることです。

「それは、&frac12インチの鋼板と牡蠣の黄麻布の袋についてであり、それはそれらを美しく蒸し、テーブルの上でそれらをシャベルで切るだけです。」

バーバーの推定によると、レストランでは週に平均170ブッシェルの牡蠣を提供しています。オイスターピッカーはそれらを近くに集め、ブッシェルのそばに持ってきて、傾斜したセメントの洗面台に捨て、そこで小川からの水で洗い流します。

塩水でそれらを洗うことは軟体動物の自然の塩分を希釈するのを防ぐのを助けて、そしてそれらをより美味しくする、とバーバーは言いました。

ピッカーの中には若い男性もいますが、最もよく知られているのは、50年以上カキを選んでいるビクター「ゴート」ラファイエットです。ラファイエットとレストランは、3月3日にレストランで開催されるチャールストンワインアンドフードフェスティバルのイベントで上映されるSouthern FoodwaysAllianceの映画で紹介されています。

理髪師は、家族のレストランの伝統を引き継ぐために着手しませんでした。彼は弁護士であり、現在は練習をしていませんが、レストランの下の階のオフィスに屋根板を掛けています。

彼は1989年から1995年までサウスカロライナ州議会議事堂で自分の地域を代表し、1980年代にはチャールストン郡教育委員会の委員を務めました。彼は2006年に副知事の現職のアンドレ・バウアーとの競争に敗れ、2010年に会計監査役のリチャード・エックストロムと対戦した。

最近では、「正確に計画されたものは何もない」と言っても、彼はレストランを経営することに満足しているようです。

新しいレストランにぶら下がっている看板の1つは、メイ・ボーエンの言葉を引用しています。「ボーウェンズ島:人々はそれを好きか嫌いかのどちらかです。」

理髪師は明らかにそれを愛しています。彼は彼、レストラン、そして他の家族の故郷であるこの島を愛しています。

そして彼は牡蠣が大好きです。古い牡蠣の部屋に座って、ロースト中に飛び出していない牡蠣に入る方法を実演します。

「これらは素晴らしい塩水から出てきます。私はこのカキの水を無駄にすることさえ好きではありません。私も水を飲みます。


眺めの良い牡蠣を求めてボーウェンズ島に向かいましょう

ジューシーでジューシーな牡蠣が大好きで、フォリークリークのカーブにある壊れそうな建物のコレクションであるBowens IslandRestaurantに群衆を引き付けます。

約60年間、常連客は焼き牡蠣を食べたり、壁に落書きを描いたり、息を呑むような景色を楽しんだりするようになりました。

ここには特別なものはありませんが、古風な趣のある牡蠣を愛する人にはぴったりの場所です。

おいしい牡蠣と他のシーフードのその組み合わせとその少し変わった雰囲気は、それを名誉の船積みにしています。 CoastalLiving誌とSouthernLiving誌は、この国で最高のシーフードダイブの1つに選ばれました。 2006年、ジェームズビアード財団はそれをアメリカンクラシックレストランと名付けました。

レストランは13エーカーの島にあり、オーナーのロバートバーバーの祖父母であるメイとジミーボウエンが1946年に3,900ドルで購入しました。貿易では、彼女はヘアスタイリストであり、彼はプリンターでした。しかし、彼らはまた、バーバーの父、ボブ・バーバーにちなんで名付けられた、ボブズ・ランチのフォリービーチにレストランを所有していました。彼女は第二次世界大戦後にフォリービーチレストランの運営をボブバーバーに引き継ぎ、彼はベテランの学生としてシタデルに通いながらそれを経営しました。

「彼女はここにやって来て、小さな1ベッドルームの小屋を建てました。彼女はここに住んで、かなり大きなシーフードレストランの運営に発展したことを始めました」とロバートバーバーは言いました。 「彼女が亡くなるまで、古い鋳鉄製のフライパンを除いて、そこでシーフードを調理することはありませんでした。それでもそうしているとしたら、今と同じくらい多くのシーフードを調理するには、約250個の鋳鉄製フライパンが必要になると思います。 。」

ボーウェンズはボーウェンズ島にレストランを開くつもりはなく、ドックを建設してフィッシュキャンプを設置しました。しかし、人々は彼らが捕まえたシーフードを調理するように彼らに頼み始めました、そしてすぐに彼らは別のレストランを経営していました。

「私たちは庭で牡蠣を調理していました。ペックやブッシェルで牡蠣を手に入れることができました。いくつかののこぎりの馬に合板をいくつか付け、その上に黄麻布を載せた鋼板で調理しました。」

最終的に、小さなコンクリートブロックレストランが建てられました。バーバーがビアード財団のアメリカンクラシック賞を受け入れるためにニューヨークに旅行したわずか数か月後の2006年10月に、火事でレストランが破壊されました。 (彼はタキシードと白いエビのブーツで印象的だったことは間違いありません。)

古いレストランに行くのは経験でした。その写真は、古いテレビのスタック、素朴なテーブルと比類のない椅子、そして落書きで覆われた壁を示しています。 The Bowens ran the restaurant with the help of longtime cook John Sanka.

"Everybody wrote on the walls, floor to ceiling," said Paul Hadley, who has been visiting the restaurant since 1968 when he was stationed in Charleston with the Navy.

Spiral-bound notebooks were left for visitors' musing, and Hadley remembered one, obviously written by a young woman with beautiful handwriting.

"I'm paraphrasing, but her remark was: &lsquoOh, what an interesting place. I can't wait to get home and bring one of my friends here so that they too can say: Just where the hell are you taking me?'

"It used to be dirt all the way from Folly and when you left, you had to go through the marsh -- through the water if it was high tide. It was dark and it was pretty funky looking so it hasn't changed all that much. It's a big piece of Folly Beach culture. It's marvelous."

So marvelous that Holy City Brewing even makes a beer with oysters, Bowens Island Oyster Stout.

A second-story restaurant has been built over the old restaurant, along with a wide deck to take advantage of beautiful sunsets. And in 1996, indoor restrooms were added after many visitors told Barber they'd come more often but their wife really hated walking across the road to the bathroom.

Barber, who is unabashedly sentimental about the restaurant's early days, points out timbers that show the boundaries of the original restaurant.

Just on the other side of the block wall is the original oyster room. Diners today sit in the same oyster room to slurp down oysters cooked on the original oyster pit. One difference is that propane gas is used to heat the pit instead of an open fire.

"It's about a ½-inch sheet of steel and a burlap sack over oysters, and it steams them beautifully and we just shovel them on the table."

The restaurant serves an average of 170 bushels of oysters a week, Barber estimates. Oyster pickers gather them nearby bring them in by the bushels, dump them on a slanted, cement wash basin where they're washed with water from the creek.

Washing them with salty water helps prevent diluting the mollusks' natural salinity, Barber said, and makes them tastier.

While some of the pickers are young men, one of the best known is Victor "Goat" Lafayette, who has been picking oysters for more than 50 years. Lafayette and the restaurant are featured in films by Southern Foodways Alliance that will be screened during a Charleston Wine and Food festival event at the restaurant March 3.

Barber didn't set out to carry on the family's restaurant tradition. He's an attorney, and although he isn't practicing now, he still has his shingle hung on a lower-floor office below the restaurant.

He represented his area in the S.C. House from 1989 to 1995, and served on the Charleston County School Board during the 1980s. He lost a race for lieutenant governor to incumbent Andre Bauer in 2006 and ran against Comptroller General Richard Eckstrom in 2010.

These days, he seems content running the restaurant, even if he says it was "nothing premeditated exactly."

One of the signs hanging in the new restaurant quotes May Bowen: "Bowens Island: People either like it . or they don't."

Barber clearly loves it. He loves this island that is home to him, the restaurant and other family members.

And he loves oysters. Sitting in the old oyster room, he demonstrates how to get into an oyster that hasn't popped open during roasted.

"These come out of great salty water. I don't even like to waste the water in this oyster. I drink the water, too.


Head to Bowens Island for Oysters with a View

It's the love of juicy, succulent oysters that draws the crowds to Bowens Island Restaurant, a collection of ramshackle buildings on a curve of Folly Creek.

For about 60 years, patrons have come to feast on roasted oysters, to paint graffiti on the walls, and to enjoy a breathtaking view.

There's nothing fancy here, but the place is perfect for those who love their oysters served with a side of quaintness.

That combination of delicious oysters and other seafood and its slightly unusual atmosphere have earned it a boatload of honors. Coastal Living and Southern Living magazines have named it one of the country's Best Seafood Dives. In 2006, the James Beard Foundation named it an American Classic restaurant.

The restaurant sits on a 13-acre island that owner Robert Barber's grandparents, May and Jimmy Bowen, bought in 1946 for $3,900. By trade, she was a hair stylist and he was a printer. But they also owned a restaurant on Folly Beach, Bob's Lunch, named for Barber's father, Bob Barber. She turned operation of the Folly Beach restaurant over to Bob Barber after World War II, and he ran it while attending the Citadel as a veteran student.

"She came over here and built a little one-bedroom shack, and she lived over here and started what evolved into a pretty big seafood restaurant operation," Robert Barber said. "Until the day she died, we never cooked any seafood in there except in old cast iron skillets. I suspect if we were still doing that, we'd have to have about 250 cast iron skillets to cook as much seafood as we do now."

The Bowens didn't intend to open a restaurant on Bowens Island they built a dock and set up a fish camp. But people began asking them to cook the seafood they caught, and soon they were running another restaurant.

"We used to cook oysters in the yard. You could get oysters by the peck or bushel. We had some plywood on some sawhorses, and we cooked them on a sheet of steel with some burlap on top."

Eventually a small cinderblock restaurant was built. Fire destroyed the restaurant in October 2006, only months after Barber had traveled to New York to accept the Beard Foundation's American Classics award. (No doubt he was memorable in his tuxedo and white shrimp boots.)

Going to the old restaurant was an experience. Pictures of it show stacks of old TV sets, rustic tables and unmatched chairs, and walls covered with graffiti. The Bowens ran the restaurant with the help of longtime cook John Sanka.

"Everybody wrote on the walls, floor to ceiling," said Paul Hadley, who has been visiting the restaurant since 1968 when he was stationed in Charleston with the Navy.

Spiral-bound notebooks were left for visitors' musing, and Hadley remembered one, obviously written by a young woman with beautiful handwriting.

"I'm paraphrasing, but her remark was: &lsquoOh, what an interesting place. I can't wait to get home and bring one of my friends here so that they too can say: Just where the hell are you taking me?'

"It used to be dirt all the way from Folly and when you left, you had to go through the marsh -- through the water if it was high tide. It was dark and it was pretty funky looking so it hasn't changed all that much. It's a big piece of Folly Beach culture. It's marvelous."

So marvelous that Holy City Brewing even makes a beer with oysters, Bowens Island Oyster Stout.

A second-story restaurant has been built over the old restaurant, along with a wide deck to take advantage of beautiful sunsets. And in 1996, indoor restrooms were added after many visitors told Barber they'd come more often but their wife really hated walking across the road to the bathroom.

Barber, who is unabashedly sentimental about the restaurant's early days, points out timbers that show the boundaries of the original restaurant.

Just on the other side of the block wall is the original oyster room. Diners today sit in the same oyster room to slurp down oysters cooked on the original oyster pit. One difference is that propane gas is used to heat the pit instead of an open fire.

"It's about a ½-inch sheet of steel and a burlap sack over oysters, and it steams them beautifully and we just shovel them on the table."

The restaurant serves an average of 170 bushels of oysters a week, Barber estimates. Oyster pickers gather them nearby bring them in by the bushels, dump them on a slanted, cement wash basin where they're washed with water from the creek.

Washing them with salty water helps prevent diluting the mollusks' natural salinity, Barber said, and makes them tastier.

While some of the pickers are young men, one of the best known is Victor "Goat" Lafayette, who has been picking oysters for more than 50 years. Lafayette and the restaurant are featured in films by Southern Foodways Alliance that will be screened during a Charleston Wine and Food festival event at the restaurant March 3.

Barber didn't set out to carry on the family's restaurant tradition. He's an attorney, and although he isn't practicing now, he still has his shingle hung on a lower-floor office below the restaurant.

He represented his area in the S.C. House from 1989 to 1995, and served on the Charleston County School Board during the 1980s. He lost a race for lieutenant governor to incumbent Andre Bauer in 2006 and ran against Comptroller General Richard Eckstrom in 2010.

These days, he seems content running the restaurant, even if he says it was "nothing premeditated exactly."

One of the signs hanging in the new restaurant quotes May Bowen: "Bowens Island: People either like it . or they don't."

Barber clearly loves it. He loves this island that is home to him, the restaurant and other family members.

And he loves oysters. Sitting in the old oyster room, he demonstrates how to get into an oyster that hasn't popped open during roasted.

"These come out of great salty water. I don't even like to waste the water in this oyster. I drink the water, too.


Head to Bowens Island for Oysters with a View

It's the love of juicy, succulent oysters that draws the crowds to Bowens Island Restaurant, a collection of ramshackle buildings on a curve of Folly Creek.

For about 60 years, patrons have come to feast on roasted oysters, to paint graffiti on the walls, and to enjoy a breathtaking view.

There's nothing fancy here, but the place is perfect for those who love their oysters served with a side of quaintness.

That combination of delicious oysters and other seafood and its slightly unusual atmosphere have earned it a boatload of honors. Coastal Living and Southern Living magazines have named it one of the country's Best Seafood Dives. In 2006, the James Beard Foundation named it an American Classic restaurant.

The restaurant sits on a 13-acre island that owner Robert Barber's grandparents, May and Jimmy Bowen, bought in 1946 for $3,900. By trade, she was a hair stylist and he was a printer. But they also owned a restaurant on Folly Beach, Bob's Lunch, named for Barber's father, Bob Barber. She turned operation of the Folly Beach restaurant over to Bob Barber after World War II, and he ran it while attending the Citadel as a veteran student.

"She came over here and built a little one-bedroom shack, and she lived over here and started what evolved into a pretty big seafood restaurant operation," Robert Barber said. "Until the day she died, we never cooked any seafood in there except in old cast iron skillets. I suspect if we were still doing that, we'd have to have about 250 cast iron skillets to cook as much seafood as we do now."

The Bowens didn't intend to open a restaurant on Bowens Island they built a dock and set up a fish camp. But people began asking them to cook the seafood they caught, and soon they were running another restaurant.

"We used to cook oysters in the yard. You could get oysters by the peck or bushel. We had some plywood on some sawhorses, and we cooked them on a sheet of steel with some burlap on top."

Eventually a small cinderblock restaurant was built. Fire destroyed the restaurant in October 2006, only months after Barber had traveled to New York to accept the Beard Foundation's American Classics award. (No doubt he was memorable in his tuxedo and white shrimp boots.)

Going to the old restaurant was an experience. Pictures of it show stacks of old TV sets, rustic tables and unmatched chairs, and walls covered with graffiti. The Bowens ran the restaurant with the help of longtime cook John Sanka.

"Everybody wrote on the walls, floor to ceiling," said Paul Hadley, who has been visiting the restaurant since 1968 when he was stationed in Charleston with the Navy.

Spiral-bound notebooks were left for visitors' musing, and Hadley remembered one, obviously written by a young woman with beautiful handwriting.

"I'm paraphrasing, but her remark was: &lsquoOh, what an interesting place. I can't wait to get home and bring one of my friends here so that they too can say: Just where the hell are you taking me?'

"It used to be dirt all the way from Folly and when you left, you had to go through the marsh -- through the water if it was high tide. It was dark and it was pretty funky looking so it hasn't changed all that much. It's a big piece of Folly Beach culture. It's marvelous."

So marvelous that Holy City Brewing even makes a beer with oysters, Bowens Island Oyster Stout.

A second-story restaurant has been built over the old restaurant, along with a wide deck to take advantage of beautiful sunsets. And in 1996, indoor restrooms were added after many visitors told Barber they'd come more often but their wife really hated walking across the road to the bathroom.

Barber, who is unabashedly sentimental about the restaurant's early days, points out timbers that show the boundaries of the original restaurant.

Just on the other side of the block wall is the original oyster room. Diners today sit in the same oyster room to slurp down oysters cooked on the original oyster pit. One difference is that propane gas is used to heat the pit instead of an open fire.

"It's about a ½-inch sheet of steel and a burlap sack over oysters, and it steams them beautifully and we just shovel them on the table."

The restaurant serves an average of 170 bushels of oysters a week, Barber estimates. Oyster pickers gather them nearby bring them in by the bushels, dump them on a slanted, cement wash basin where they're washed with water from the creek.

Washing them with salty water helps prevent diluting the mollusks' natural salinity, Barber said, and makes them tastier.

While some of the pickers are young men, one of the best known is Victor "Goat" Lafayette, who has been picking oysters for more than 50 years. Lafayette and the restaurant are featured in films by Southern Foodways Alliance that will be screened during a Charleston Wine and Food festival event at the restaurant March 3.

Barber didn't set out to carry on the family's restaurant tradition. He's an attorney, and although he isn't practicing now, he still has his shingle hung on a lower-floor office below the restaurant.

He represented his area in the S.C. House from 1989 to 1995, and served on the Charleston County School Board during the 1980s. He lost a race for lieutenant governor to incumbent Andre Bauer in 2006 and ran against Comptroller General Richard Eckstrom in 2010.

These days, he seems content running the restaurant, even if he says it was "nothing premeditated exactly."

One of the signs hanging in the new restaurant quotes May Bowen: "Bowens Island: People either like it . or they don't."

Barber clearly loves it. He loves this island that is home to him, the restaurant and other family members.

And he loves oysters. Sitting in the old oyster room, he demonstrates how to get into an oyster that hasn't popped open during roasted.

"These come out of great salty water. I don't even like to waste the water in this oyster. I drink the water, too.


Head to Bowens Island for Oysters with a View

It's the love of juicy, succulent oysters that draws the crowds to Bowens Island Restaurant, a collection of ramshackle buildings on a curve of Folly Creek.

For about 60 years, patrons have come to feast on roasted oysters, to paint graffiti on the walls, and to enjoy a breathtaking view.

There's nothing fancy here, but the place is perfect for those who love their oysters served with a side of quaintness.

That combination of delicious oysters and other seafood and its slightly unusual atmosphere have earned it a boatload of honors. Coastal Living and Southern Living magazines have named it one of the country's Best Seafood Dives. In 2006, the James Beard Foundation named it an American Classic restaurant.

The restaurant sits on a 13-acre island that owner Robert Barber's grandparents, May and Jimmy Bowen, bought in 1946 for $3,900. By trade, she was a hair stylist and he was a printer. But they also owned a restaurant on Folly Beach, Bob's Lunch, named for Barber's father, Bob Barber. She turned operation of the Folly Beach restaurant over to Bob Barber after World War II, and he ran it while attending the Citadel as a veteran student.

"She came over here and built a little one-bedroom shack, and she lived over here and started what evolved into a pretty big seafood restaurant operation," Robert Barber said. "Until the day she died, we never cooked any seafood in there except in old cast iron skillets. I suspect if we were still doing that, we'd have to have about 250 cast iron skillets to cook as much seafood as we do now."

The Bowens didn't intend to open a restaurant on Bowens Island they built a dock and set up a fish camp. But people began asking them to cook the seafood they caught, and soon they were running another restaurant.

"We used to cook oysters in the yard. You could get oysters by the peck or bushel. We had some plywood on some sawhorses, and we cooked them on a sheet of steel with some burlap on top."

Eventually a small cinderblock restaurant was built. Fire destroyed the restaurant in October 2006, only months after Barber had traveled to New York to accept the Beard Foundation's American Classics award. (No doubt he was memorable in his tuxedo and white shrimp boots.)

Going to the old restaurant was an experience. Pictures of it show stacks of old TV sets, rustic tables and unmatched chairs, and walls covered with graffiti. The Bowens ran the restaurant with the help of longtime cook John Sanka.

"Everybody wrote on the walls, floor to ceiling," said Paul Hadley, who has been visiting the restaurant since 1968 when he was stationed in Charleston with the Navy.

Spiral-bound notebooks were left for visitors' musing, and Hadley remembered one, obviously written by a young woman with beautiful handwriting.

"I'm paraphrasing, but her remark was: &lsquoOh, what an interesting place. I can't wait to get home and bring one of my friends here so that they too can say: Just where the hell are you taking me?'

"It used to be dirt all the way from Folly and when you left, you had to go through the marsh -- through the water if it was high tide. It was dark and it was pretty funky looking so it hasn't changed all that much. It's a big piece of Folly Beach culture. It's marvelous."

So marvelous that Holy City Brewing even makes a beer with oysters, Bowens Island Oyster Stout.

A second-story restaurant has been built over the old restaurant, along with a wide deck to take advantage of beautiful sunsets. And in 1996, indoor restrooms were added after many visitors told Barber they'd come more often but their wife really hated walking across the road to the bathroom.

Barber, who is unabashedly sentimental about the restaurant's early days, points out timbers that show the boundaries of the original restaurant.

Just on the other side of the block wall is the original oyster room. Diners today sit in the same oyster room to slurp down oysters cooked on the original oyster pit. One difference is that propane gas is used to heat the pit instead of an open fire.

"It's about a ½-inch sheet of steel and a burlap sack over oysters, and it steams them beautifully and we just shovel them on the table."

The restaurant serves an average of 170 bushels of oysters a week, Barber estimates. Oyster pickers gather them nearby bring them in by the bushels, dump them on a slanted, cement wash basin where they're washed with water from the creek.

Washing them with salty water helps prevent diluting the mollusks' natural salinity, Barber said, and makes them tastier.

While some of the pickers are young men, one of the best known is Victor "Goat" Lafayette, who has been picking oysters for more than 50 years. Lafayette and the restaurant are featured in films by Southern Foodways Alliance that will be screened during a Charleston Wine and Food festival event at the restaurant March 3.

Barber didn't set out to carry on the family's restaurant tradition. He's an attorney, and although he isn't practicing now, he still has his shingle hung on a lower-floor office below the restaurant.

He represented his area in the S.C. House from 1989 to 1995, and served on the Charleston County School Board during the 1980s. He lost a race for lieutenant governor to incumbent Andre Bauer in 2006 and ran against Comptroller General Richard Eckstrom in 2010.

These days, he seems content running the restaurant, even if he says it was "nothing premeditated exactly."

One of the signs hanging in the new restaurant quotes May Bowen: "Bowens Island: People either like it . or they don't."

Barber clearly loves it. He loves this island that is home to him, the restaurant and other family members.

And he loves oysters. Sitting in the old oyster room, he demonstrates how to get into an oyster that hasn't popped open during roasted.

"These come out of great salty water. I don't even like to waste the water in this oyster. I drink the water, too.


Head to Bowens Island for Oysters with a View

It's the love of juicy, succulent oysters that draws the crowds to Bowens Island Restaurant, a collection of ramshackle buildings on a curve of Folly Creek.

For about 60 years, patrons have come to feast on roasted oysters, to paint graffiti on the walls, and to enjoy a breathtaking view.

There's nothing fancy here, but the place is perfect for those who love their oysters served with a side of quaintness.

That combination of delicious oysters and other seafood and its slightly unusual atmosphere have earned it a boatload of honors. Coastal Living and Southern Living magazines have named it one of the country's Best Seafood Dives. In 2006, the James Beard Foundation named it an American Classic restaurant.

The restaurant sits on a 13-acre island that owner Robert Barber's grandparents, May and Jimmy Bowen, bought in 1946 for $3,900. By trade, she was a hair stylist and he was a printer. But they also owned a restaurant on Folly Beach, Bob's Lunch, named for Barber's father, Bob Barber. She turned operation of the Folly Beach restaurant over to Bob Barber after World War II, and he ran it while attending the Citadel as a veteran student.

"She came over here and built a little one-bedroom shack, and she lived over here and started what evolved into a pretty big seafood restaurant operation," Robert Barber said. "Until the day she died, we never cooked any seafood in there except in old cast iron skillets. I suspect if we were still doing that, we'd have to have about 250 cast iron skillets to cook as much seafood as we do now."

The Bowens didn't intend to open a restaurant on Bowens Island they built a dock and set up a fish camp. But people began asking them to cook the seafood they caught, and soon they were running another restaurant.

"We used to cook oysters in the yard. You could get oysters by the peck or bushel. We had some plywood on some sawhorses, and we cooked them on a sheet of steel with some burlap on top."

Eventually a small cinderblock restaurant was built. Fire destroyed the restaurant in October 2006, only months after Barber had traveled to New York to accept the Beard Foundation's American Classics award. (No doubt he was memorable in his tuxedo and white shrimp boots.)

Going to the old restaurant was an experience. Pictures of it show stacks of old TV sets, rustic tables and unmatched chairs, and walls covered with graffiti. The Bowens ran the restaurant with the help of longtime cook John Sanka.

"Everybody wrote on the walls, floor to ceiling," said Paul Hadley, who has been visiting the restaurant since 1968 when he was stationed in Charleston with the Navy.

Spiral-bound notebooks were left for visitors' musing, and Hadley remembered one, obviously written by a young woman with beautiful handwriting.

"I'm paraphrasing, but her remark was: &lsquoOh, what an interesting place. I can't wait to get home and bring one of my friends here so that they too can say: Just where the hell are you taking me?'

"It used to be dirt all the way from Folly and when you left, you had to go through the marsh -- through the water if it was high tide. It was dark and it was pretty funky looking so it hasn't changed all that much. It's a big piece of Folly Beach culture. It's marvelous."

So marvelous that Holy City Brewing even makes a beer with oysters, Bowens Island Oyster Stout.

A second-story restaurant has been built over the old restaurant, along with a wide deck to take advantage of beautiful sunsets. And in 1996, indoor restrooms were added after many visitors told Barber they'd come more often but their wife really hated walking across the road to the bathroom.

Barber, who is unabashedly sentimental about the restaurant's early days, points out timbers that show the boundaries of the original restaurant.

Just on the other side of the block wall is the original oyster room. Diners today sit in the same oyster room to slurp down oysters cooked on the original oyster pit. One difference is that propane gas is used to heat the pit instead of an open fire.

"It's about a ½-inch sheet of steel and a burlap sack over oysters, and it steams them beautifully and we just shovel them on the table."

The restaurant serves an average of 170 bushels of oysters a week, Barber estimates. Oyster pickers gather them nearby bring them in by the bushels, dump them on a slanted, cement wash basin where they're washed with water from the creek.

Washing them with salty water helps prevent diluting the mollusks' natural salinity, Barber said, and makes them tastier.

While some of the pickers are young men, one of the best known is Victor "Goat" Lafayette, who has been picking oysters for more than 50 years. Lafayette and the restaurant are featured in films by Southern Foodways Alliance that will be screened during a Charleston Wine and Food festival event at the restaurant March 3.

Barber didn't set out to carry on the family's restaurant tradition. He's an attorney, and although he isn't practicing now, he still has his shingle hung on a lower-floor office below the restaurant.

He represented his area in the S.C. House from 1989 to 1995, and served on the Charleston County School Board during the 1980s. He lost a race for lieutenant governor to incumbent Andre Bauer in 2006 and ran against Comptroller General Richard Eckstrom in 2010.

These days, he seems content running the restaurant, even if he says it was "nothing premeditated exactly."

One of the signs hanging in the new restaurant quotes May Bowen: "Bowens Island: People either like it . or they don't."

Barber clearly loves it. He loves this island that is home to him, the restaurant and other family members.

And he loves oysters. Sitting in the old oyster room, he demonstrates how to get into an oyster that hasn't popped open during roasted.

"These come out of great salty water. I don't even like to waste the water in this oyster. I drink the water, too.


Head to Bowens Island for Oysters with a View

It's the love of juicy, succulent oysters that draws the crowds to Bowens Island Restaurant, a collection of ramshackle buildings on a curve of Folly Creek.

For about 60 years, patrons have come to feast on roasted oysters, to paint graffiti on the walls, and to enjoy a breathtaking view.

There's nothing fancy here, but the place is perfect for those who love their oysters served with a side of quaintness.

That combination of delicious oysters and other seafood and its slightly unusual atmosphere have earned it a boatload of honors. Coastal Living and Southern Living magazines have named it one of the country's Best Seafood Dives. In 2006, the James Beard Foundation named it an American Classic restaurant.

The restaurant sits on a 13-acre island that owner Robert Barber's grandparents, May and Jimmy Bowen, bought in 1946 for $3,900. By trade, she was a hair stylist and he was a printer. But they also owned a restaurant on Folly Beach, Bob's Lunch, named for Barber's father, Bob Barber. She turned operation of the Folly Beach restaurant over to Bob Barber after World War II, and he ran it while attending the Citadel as a veteran student.

"She came over here and built a little one-bedroom shack, and she lived over here and started what evolved into a pretty big seafood restaurant operation," Robert Barber said. "Until the day she died, we never cooked any seafood in there except in old cast iron skillets. I suspect if we were still doing that, we'd have to have about 250 cast iron skillets to cook as much seafood as we do now."

The Bowens didn't intend to open a restaurant on Bowens Island they built a dock and set up a fish camp. But people began asking them to cook the seafood they caught, and soon they were running another restaurant.

"We used to cook oysters in the yard. You could get oysters by the peck or bushel. We had some plywood on some sawhorses, and we cooked them on a sheet of steel with some burlap on top."

Eventually a small cinderblock restaurant was built. Fire destroyed the restaurant in October 2006, only months after Barber had traveled to New York to accept the Beard Foundation's American Classics award. (No doubt he was memorable in his tuxedo and white shrimp boots.)

Going to the old restaurant was an experience. Pictures of it show stacks of old TV sets, rustic tables and unmatched chairs, and walls covered with graffiti. The Bowens ran the restaurant with the help of longtime cook John Sanka.

"Everybody wrote on the walls, floor to ceiling," said Paul Hadley, who has been visiting the restaurant since 1968 when he was stationed in Charleston with the Navy.

Spiral-bound notebooks were left for visitors' musing, and Hadley remembered one, obviously written by a young woman with beautiful handwriting.

"I'm paraphrasing, but her remark was: &lsquoOh, what an interesting place. I can't wait to get home and bring one of my friends here so that they too can say: Just where the hell are you taking me?'

"It used to be dirt all the way from Folly and when you left, you had to go through the marsh -- through the water if it was high tide. It was dark and it was pretty funky looking so it hasn't changed all that much. It's a big piece of Folly Beach culture. It's marvelous."

So marvelous that Holy City Brewing even makes a beer with oysters, Bowens Island Oyster Stout.

A second-story restaurant has been built over the old restaurant, along with a wide deck to take advantage of beautiful sunsets. And in 1996, indoor restrooms were added after many visitors told Barber they'd come more often but their wife really hated walking across the road to the bathroom.

Barber, who is unabashedly sentimental about the restaurant's early days, points out timbers that show the boundaries of the original restaurant.

Just on the other side of the block wall is the original oyster room. Diners today sit in the same oyster room to slurp down oysters cooked on the original oyster pit. One difference is that propane gas is used to heat the pit instead of an open fire.

"It's about a ½-inch sheet of steel and a burlap sack over oysters, and it steams them beautifully and we just shovel them on the table."

The restaurant serves an average of 170 bushels of oysters a week, Barber estimates. Oyster pickers gather them nearby bring them in by the bushels, dump them on a slanted, cement wash basin where they're washed with water from the creek.

Washing them with salty water helps prevent diluting the mollusks' natural salinity, Barber said, and makes them tastier.

While some of the pickers are young men, one of the best known is Victor "Goat" Lafayette, who has been picking oysters for more than 50 years. Lafayette and the restaurant are featured in films by Southern Foodways Alliance that will be screened during a Charleston Wine and Food festival event at the restaurant March 3.

Barber didn't set out to carry on the family's restaurant tradition. He's an attorney, and although he isn't practicing now, he still has his shingle hung on a lower-floor office below the restaurant.

He represented his area in the S.C. House from 1989 to 1995, and served on the Charleston County School Board during the 1980s. He lost a race for lieutenant governor to incumbent Andre Bauer in 2006 and ran against Comptroller General Richard Eckstrom in 2010.

These days, he seems content running the restaurant, even if he says it was "nothing premeditated exactly."

One of the signs hanging in the new restaurant quotes May Bowen: "Bowens Island: People either like it . or they don't."

Barber clearly loves it. He loves this island that is home to him, the restaurant and other family members.

And he loves oysters. Sitting in the old oyster room, he demonstrates how to get into an oyster that hasn't popped open during roasted.

"These come out of great salty water. I don't even like to waste the water in this oyster. I drink the water, too.